男の皮下脂肪を即効で落とす4つの方法

男の皮下脂肪が即効で落ちる4つの方法

歳を重ねるにつれ、気になるのが、下腹部の皮下脂肪。

若くても、偏った食事を取っていると、あっと言う間に、付いてしまうのが、皮下脂肪だ。

代謝の低下、運動不足、食べ過ぎなどの要因が重なり、エネルギーが消化しきれず、体内の脂肪となって、体型に変化が起こる。

そういう意味では、皮下脂肪は、男性も女性も関係ない。

そして、1度、お腹の周りに付いた脂肪は、そう、なかなか落ちないと感じる人も、少なくないだろう。

若い人は、筋トレをすれば、リカバリーも早い。

と、言うのも、若い世代は特に、男性の場合は、筋トレをあまり苦にしない人が、多いと聞く。

所謂、シックスパックまでいかなくても、ある程度の、筋肉質に成りたいと言う願望が、皮下脂肪の有無とは、関係なく、あるからだ。

ヤバいと、感じて、筋トレすれば、1ヶ月もすれば、下腹に筋肉が付く。

若者諸君は、その若い力で、プロテインと腕立て、腹筋の反復で、即効、解決しよう。

プロテインも、今は、数多く発売されている。

分かりやすいマトリックスがあったので、参考まで。

プロテインは、大きく分けて、脂肪燃焼系、筋肉増強系、体重増加系、ダメージ回復系の4パターンに分類され、生成されている。

ここでは、脂肪燃焼系または、筋肉増強系が、オススメだ。

まだまだ、体型はどうにでも、進化させられる時期だから、理想の体型にするためにも、多少の苦労を厭まず、レベルアップしよう。

若い時期に、鍛え上げた良質の筋肉は、あなたが、いずれ、年代を重ねても、運動をしてこなかった人と比べて、明らかに差が出る。

歳をっても、ある程度、自分の思い描くように体を動かすことができる。

これは、高校まで、野球をやってきた、筆者自身の体感だから、間違いない。

厄介なのは、その、若者以上の年代だ。

筆者もそうだが、歳を取るにつれて、下半身の皮下脂肪は、頼みもしないのに、付いてくるもの。

そして、一定の年代を越えると、リカバリーにも時間がかかる。

そう、実感している人には、是非、これから筆者が試してみた、即効性のある、皮下脂肪の落とし方と同じように、試して欲しい。

結論から言うと、いくつかの、エクササイズの組み合わせで、年代を問わず、性別を問わず、お腹周りにの皮下脂肪は、スッキリ、落ちてくれる。

ある季節になると、筆者は、毎年、実践しているこの方法、間に合わせたい、2ヶ月~3ヶ月前2から、始めれば、十分間に合う。

その、ある季節とは、「夏」である。

でも、絶対、大丈夫、多分、この記事をご覧になっている人は、冬が終わり、春が近づいた時期に、そろそろやらないと、と感じている人達だろう。

ここ、数年は、何かと皮下脂肪が付きやすい生活様式を余儀なくされたきたから、体重が増え、頼みもしない脂肪がしこたま付いた人は、いつになく多い。

あたり前だ、ストレスの発散が、大抵の人は、家で、「飲む」、「食べる」になっていたはずだから。

それ以外のストレス発散方法は、ほぼ、なかったのだから、仕方ない。

溜まった皮下脂肪を一気に落としていこう。

そして、気になる季節に間に合わせて、着たいTシャツや、着たいキャミとかを、堂々と着ようじゃないか。

ほんの少し、節制することで、自分の好きな服を着れるようになる。

それをせずに、体型が、分かるような服を着ても却ってマイナスだ。

見ていても、イタい。

気になる人が、いようがいまいが、自分の好きな服を着て、満足感を味わうことは、何よりストレスの解消になる。

そこで、無理して、お腹を引っ込めて、歩いたりしても、それは、意味をなさないし、逆にストレスにさえなってしまう。

ふと目を向けて、下腹を見ると、お腹が出ていたりすると、自分も一気にゲンナリしてしまう。

たがらと言って、着痩せする服とか、締め付けるタイプの下着とかは、一時しのぎにしかならないから、これまた、ちょっと違う。

もっと、ちゃんと普通の体型になって、気持ちよく、夏を迎えよう。

それでこそ、本当のオシャレも楽しめると言うものだろう。

皮下脂肪を即効で落とすスタンダードな方法

下腹部の皮下脂肪は、付きやすいが、落ちにくい。

その原因は、簡単明瞭、代謝が落ちて、食欲が、増えるからだ。

パンデミックから2年経過しても尚、世の中、家に籠ることが増え、それたけでも、ストレスは増加、そんな時、人は、これまでなら、外に出て、気分転換をするが、それも制限されると、「食べること」で、ストレスを発散させるしか、選択肢がないら、仕方ない。

自然と代謝は下がり、食欲が増せば、それは、下腹の皮下脂肪は、溜まる一方になる。

そんな時、あれっ、ちょっと、下腹、ヤバいかも、と感じたら、すぐに始めて欲しいことは、「腹筋運動」と「背筋運動」だ。

これは、誰でも知っているトレーニングだが、なかなか始められず、始めても続かないのが、大半だろう。

しかし、継続すれば、必ず、皮下脂肪が減るこの方法、1日、各30回でいい。

1ヶ月、継続できれば、皮下脂肪が落ちるばかりか、筋肉まで、付いてくる。

因みに、筋肉は、何歳からでも、トレーニングすれば、必ず、応えてくれる。

やれば、やるほど、応えてくれる。

筋トレに、耐えられる人は、これが1番の、皮下脂肪対策になる。

皮下脂肪は、無くなり、筋肉が付くから、一丁二隻だ。

でも、実は、簡単なようで、続かないのが、このトレーニング。

この、腹筋、背筋が難しい人は、これでもいい。

腕立てのようなスタイルで、1分間停止する。

これなら、我慢できるだろう。

やー、それも毎日は無理・・・

そういう人もいるだろう、そうなると、エクササイズマシンに頼るしかなくなるが、まあ、皮下脂肪を落としたいと、思っているだけでも、十分、前向きだ。

マシンに、身を委ねよう。

ブルブルマシンで効果的に痩せる

腕立て、腹筋が難しい人には、エクササイズマシンの力を借りて、皮下脂肪を減らそう。

筆者が、1番オススメするのは、ブルブルマシンだ。

正式には、バランスウェーブと言うマシン。

安いものだと、10,000円以下で、手に入る。

Amazonには、この、ブルブルマシン、種類が豊富で、価格帯のラインナップも多い。

ブルブルマシンを購入するなら、Amazonがいいだろう。

ブルブルマシンは、価格による機能差は、あまりないから、安い、ブルブルマシンで十分だ。

この、ブルブルマシンに、毎日、3回×10分ほど、欠かさず、乗ろう。

そう、乗るだけだ。

肩幅ほど、両足を広げて、ブルブルマシンに乗るだけで、エクササイズ完了だ。

これなら、ハードルは、低いのではないだろうか。

ただ、そうは、言っても、ブルブルマシンの上に、両足を広げて、振動に負けないように、立っているのを維持するのに、なかなか、体力を要する。

だから、皮下脂肪は、代謝されるのだが、あまり、軽視しないように。

それなりの体力は、必要だ。

ただ、やはり、売れまくっている、このブルブルマシン、本当に、立っているだけで、テレビを見ながらでも、音楽を聴きながらでも、或いは、本を読みながらでも、同時進行で、脂肪燃焼ができるから、非常に効率が良い。

あまり、時間の余裕ががない人にも、ながらブルブルマシンできるから、そういう意味でも、オススメだ。

こちらが詳細記事だ。

本気で、ブルブルマシンを検討している人は、参考にして欲しい。

健康ステッパーナイスデーで痩せる

健康ステッパーナイスデーは、ショップジャパンが、リリースしたエクササイズマシン。

こちらが、その商品だ。

どちらかと言えば、シニア向けのウォーキングマシンだ。

見ての通り、室内で、歩くための、エクササイズマシンだ。

草笛光子さんが、イメージキャラクターだから、やはり、少し、シニア対象として、リリースされたのだろう。

しかし、この、健康ステッパーナイスデーは、ブルブル振動マシンとは、異なる、プラス効果をもたらす。

それは、「有酸素運動」による、体内循環の改善を促進してくれる。

有酸素運動は、体内の血液循環を促し、心身の健康に良いことが、立証されている。

この、健康ステッパーナイスデーも、テレビを見ながらでも、健康ステッパーナイスデーで、歩けるから、外で、ただ、歩くよりは、遥かにハードルが低い。

外の方が、景色が変わっていいと言う人もいるだろう。

ただ、明るい時間ならまだしも、夜、歩くと何かと不安では、ないだろうか。

また、夏に向けてを前提とした場合、雨が多いのもこの季節だ。

雨の日に、外を歩くのは、辛いものだ。

ただでさえ、楽しいトレーニングではないのに、更に、自分を過酷な状態にする必要はないだろう。

そういう、自然現象を一切、考慮することなく、室内で歩けることが、健康ステッパーナイスデー最大のメリットだ。

しかし、この、健康ステッパーナイスデーで歩くのは、歩くだけで、最低1時間程度は、歩く必要がある。

ウォーキングの場合、歩き始めて、20分経過したころから、新陳代謝が始まると言われている。

これは、医師から聴いた話しだが、平均的に、20分以降から、代謝が始まるそうだ。

それ以降、次第に発汗が始まり、脂肪が燃焼し始めるから、そこからが、勝負。

だから、少なくとも、1時間のウォーキングが必要と言うことになる。

トレーニングにかける時間としては、腹筋、背筋<ブルブルマシン<健康ステッパーナイスデーとなるだろう。

地道に、継続できる人は、健康ステッパーナイスデーがいいだろう。

食事制限で皮下脂肪を即効で落とす

それも、続きそうにない人には、最後の手段。

これに、耐えれる人は、これだけで、1週間あれば、2kgは、痩せる。

「食べない」、所謂、「断食」だ。

断食と聞いて、僧侶を想い描く人は、多いだろう。

修行僧は、断食も、当然する。

しかし、全く食べないのではない、食べる物と量を制限すると言うこと。

食事を制限すれば、皮下脂肪は、確実に落ちる。

ただ、健康衛生上、あまり、いい事ではない。

拒食症の人は、食欲が無くなる症状だが、これは、正常な状態ではない。

食欲が湧かない症状なので、痩せ方も病的で、これは、治療が必要だ。

そうではなくて、いつも取る食事を、7割程度に制限する。

具体的には、食べる量を7割に減らすと言うこと。

例えば、1日、3食の炭水化物を7割にする。

3割減する。

炭水化物は、食べるほど、太りやすいと言う特性があるから、食事で、皮下脂肪を落としたいなら、まず、炭水化物の量を減らそう。

そして、炭水化物の中でも、ごはんとパンなら、ごはんを選ぶ。

ごはんの方が、腹持ちが良く、糖分が少ない。

最も、NGなのは、菓子パンだ。

ウマいが、菓子パンは、ダイレクトに、脂肪へと繋がっていく。

飲み物も、糖分の少ないものを選択しよう。

コーラやオレンジジュースなど、加糖されているジュースも、ダイレクト脂肪だ。

ファミレスにある、ドリンクバーは、魅力的だが、ここにあるジュース類は、オールNGになる。

ドリンクバーで、イメージして欲しい。

ジュースだけで、太ってしまうから要注意。

食べてないのに、一向に、体重が減らないと言う人は、こういう糖分が多いジュースを飲んでいないだろうか。

あと、絶対に避けたいのが、炭水化物+炭水化物。

ラーメン定食(ラーメンチャーハン)が、代表例。

これは、最強だ。

筆者も、食べる時は、ぐいぐい食べてしまうが、これは、皮下脂肪を落としたい人にとっては、大敵になる。

あとは、コーヒーを飲むなら、ブラックに限るし、紅茶の場合も、シュガーレスでないと意味をなさない。

あとは、1日、2食の方法もある。

朝食は、ごはんと味噌汁、昼は、ブラックコーヒーや100%果汁のジュースのみ、夜は、炭水化物7割と、副菜。

これを1週間続ければ、2kg程度痩せる。

筆者の1週間は、こうだ。

週末は、制限解除で、食べたい物を食べたいだけ、食べる。

そして、体重は、3kg上昇。

週明けからは、1日2食を5日間、継続して、3kg減少。

これは、本当は、意味がない。

ただ、1週間あれば、2kg~3kgは、食事制限だけでも、痩せられると言うことを示しただけだ。

繰り返しでは、意味がないので、ご注意を。

最も効果があった皮下脂肪即効落とし

短期間で、皮下脂肪を落とすなら、上記、4つの方法の内、ブルブル振動マシンと食事制限の組み合わせが、最も効果があった。

食事制限だけでも、2kgは、確実、ブルブルマシンに、1日3回、乗るだけを1週間、これで、3kg減は、確実だ。

どちらも、継続性と忍耐が、必要だが、修行僧の事を考えると、1週間程度の制限なら、我慢できるだろう。

断食の場合は、最低でも、1ヵ月の間、飲まず食わずだ。

これに比べれば、1週間くらいは、やっていけるはず。

僧侶と比較するのが、正しいとは、思わないが、人は、少しくらい、飲まず食わずでも、死んだりはしないと言う事例だっ思ってもらえばいい。

さて、どの取り組みも、最初の1歩を踏み出すのは、誰でも、気持ちをそこに、集中しなければいけないし、決断もしなければいけない。

筆者も、その1歩は、不得意だ。

なかなか、1歩が、踏み出せないし、決断しても、続かないことの方が、多い。

これは、実は、皮下脂肪を落とすと言う課題だけではなくて、その他の日常の、自身が感じている課題に対しても、同様のことが言える。

例えば、喫煙や飲酒について。

喫煙は、ほぼ、100%、身体にとってメリットはないと言われている。

しかし、筆者は、タバコを吸う。

飲酒も然りだ。

ただ、飲酒の場合は、ストレス発散になることもあるから、身体にとって、必ずしも悪いと言うものではない。

今回は、皮下脂肪を落とす事についての、実体験に基づいて、記事を書いた。

これは、事実なので、実践すれば、それに近い結果は出る。

ただ、タバコと飲酒についつては、課題としながらも、手付かずと言ったところだ。

何かをやるのに、遅すぎると言うことは、何もないが、やるもやらないも、結局は、自分次第なのである。

外部環境の変化で、太ってしまったから、仕方がないと言う発想では、いつまで経っても、皮下脂肪は、落ちない。

結局、自分が、どこまで、「深く」、その、課題と向き合うか、それを、実行するには、どうしたら、実行できるか、実行できたら、どういう自分が待っているか、何となくではなく、深く、深く、課題と向き合う必要があると、筆者は、考えている。

かく言う筆者も、自分の課題が、まだまだ、たくさんあって、発展途上だし、偉そうに言える立場では、全くないが、課題だと感じていると言うことは、少なくとも、意識はしていると言うことだから、改善できる可能性があると言うことだと思っている。

あとは、今回の皮下脂肪にしても、または、他の課題にしても、繰り返さないことが、非常に大切で、それって、そうそう簡単では無いと思っている。

ただ、1つ、言えるのは、人の命は、有限で、そのうち、そのうちと先延ばしにしている間に、いつの間にか歳を取り、こうありたいと言う意識も薄らいでいく。

人は、前に進んで行く事に、自分の進歩を感じ、慶びを感じる動物であり、課題が解決できないと、悔しい気持ちにもなり、生活が悪循環のスパイラルに陥る可能性もあるから、やはり、深く自分と向き合う時は、とことん向き合おう。

そして、ここが、1番、肝心なんだが、課題がクリアできなった時に、まあ、そんなもんかと惰性的になるのが、癖になっている場合は、その、惰性的に処理をしてしまう、考え方を、再考する必要があるような気がしている。

健康管理に関する事、皮下脂肪を落としたり、野菜を毎日、食べたり、タバコをやめる、飲酒を控えめにするなど。

良い習慣化が、できていない人は、それぞれ課題も異なると思うが、深く向き合うことを、1度、じっくり考えて、自分にとっては、少し、厳しいかもと思えるような、固い決断も、時には、必要になるのでは、ないだろうか。

最新情報をチェック!
>
CTR IMG