◆今のサザンのポジションは、1974年には、もう、決まっていた

今のサザンのポジションは、実はデビュー当初から分かってた

今、サザンオールスターズって知ってる?

と、聞かれて、「誰それ?」と言う人が、どれくらいいるだろうか。

(幼児6歳までと、80歳以上は除く)

1974年6月25日に、華々しくデビューした、サザンオールスターズ。

もうすぐで、デビュー、50周年を迎える。

今般、いつ、誰がどうなるかが分からない時代だ。

50年間は、変換すると、半世紀と言い換えれるが、想像ができない永い年月だ。

筆者は、昭和43年生まれの、54歳。

4歳から、今までずっと、やって来たことと言えば、息をして、毎日、ご飯を食べて、寝たことくらいだ。

しかし、もうすぐ、サザンオールスターズは、50年間もの永い間、常に、第1線を走り続けることになる。

桑田佳祐さんの決断力は、マッハだ。

これも、日本の至宝、加山雄三さんが、今年一杯で、現役を退くことを表面。

パシフィックパーク茅ヶ崎と言う、リゾート施設を開設し、なかなか、思うように経営が進まず、多額の借金を抱えながらも、また、大病を煩いながらも、ここまで、音楽活動を続けてきた。

追いかけるように、フォークの神様、吉田拓郎さんも、今回リリースした、「あー、面白かった 光一」を最後に、現役を退く。

満を持して、桑田佳祐さんは、「生涯現役」を表明。

SKGs、SDGsをもじり、今後の計画を公表した。

Sustanable Kuwata Keisuke’s Goalsだ。

◆ROCK IN JAPAN FESTIVAL 出演
◆原由子、ソロアルバム全面バックアップ
◆生涯現役音楽人
◆全国ツアー
◆KUWATA CUP開催(ボーリング大会)

何とも桑田佳祐さんらしい。

しかし、振り返ってみると、今のサザンや桑田佳祐さんのポジションは、デビュー当初から、そうなるような、巡り合わせで形成されるべくして、決まっていた。

そう思えてならない。

「今があるのは、過去の結果で、未来の原因になる」と言う、言論がある。

至極、当たり前の事だが、今やっていることは、すぐに結果がでるものではない。

しかし、その積み重ねこそ、未来を創ると言う事だ。

今、すぐ結果が出ないと、とかく諦めたり、辞めたり、それが、人と言うものだが、諦めず、自身を信じ、結果が出なくても、継続する。

時には、暗中模索することもあるが、それでも、「こうなりたい」と、邁進することこそ、将来、夢を現実にできるのだろう。

好きこそ物の上手なれ・・・、昔の人は、何て、適格な描写をしたものだ。

サザンオールスターズは、正にその、モデルケースとして、文句のつけようの無い、実例だ。

しかし、サザンの場合は、常に、第1線の先駆者として、50年間を、貫いてきた。

それは、売れても売れなくても、軸を、ブラさず、継続した、そして、時代の成り行きも、同時に、追いかけ、順応してきた。

それが、サザンオールスターズだ。

桑田佳祐さんの、サザンでの、ライブのエンディングに近づくと、ラスト前の繋ぎで、「人生は、これからを夢見ることさー」と言うフレーズが、音符に乗って奏でられる。

大切なのは、これからで、美しい想い出も大切だけど、とある。

今、夢を見て、今の生活を送れば、夢が叶えられると、言い換えられないだろうか。

これは、桑田佳祐さん、ご自身が、体現されてきた事で、そうすれば、素敵な未来がきっと来ると、ファンのみんなにメッセージとして、伝えているような気がする。

何か、毎日、がんばっている事があっても、もしかすると、夢半ばで、終わってしまう人も、もしかしたら、いるかも知れない。

しかし、何もしなければ、絶対に、夢が叶う事は、ない筈だ。

ありがたいなー。

関連記事

時代遅れのロックンロールバンドに見る桑田佳祐の果てなきスピリット時代遅れのロックンロールバンドが、発売と同時に、オリコンチャートの1位を奪取した。同時期に同じくリリースした、米津玄師のM八七を抑えての、1位奪取は、快挙と言っていい[…]

サザンはデビュー当初から、6つの1等星だった

今、振り返って、熱い胸騒ぎから、葡萄まで、全てのアルバムを改めて、聴き返している。

ようやく、「あー、そういう事か」と、気付くことがある。

それは、デビュー当初から、サザンオールスターズの楽曲は、レベルの高い楽曲ばかりなのである。

その、中心は、松田弘さんだ。

松田弘さんは、宮崎県出身で、当初、宮崎のディスコで、ドラムを叩いて、稼いでいた。

宮崎と言えば、地鶏と、カープの日南キャンプが有名。

あと、青島の鬼の洗濯岩!?

当初から、プロフェッショナルだったのだ。

そんな、ローカルな宮崎で、ドラムで飯を食う。

スゴい。

太鼓を叩いて、お金が貰える、これは、プロフェッショナルとしか、言いようがない。

それが、サザンオールスターズの、メロディを支えてきた。

紛れもない事実だ。

そして、松田弘さんの、息子、翔さんもドラマーだ。

翔〜鼓動のプレゼント〜と言う楽曲が、チャコの海岸物語のB面に、収録されている。

B面伝わらないかー(悲)

この、松田翔さん、松田弘さんとの親子共演が動画で残っているが、また、これが、弘さんの音色そっくりだ。

そして、その、松田弘さんを、東京に連れてきたのが、大森隆志さんだった。

大森隆志さんのことは、残念だったが、コンテストの申し込み(ヤマハ・イースト・ウエスト)をしたのも、何を隠そう、大森隆志さんだった。

ヤマハ イースト・ウエストでは、特別賞を獲得し、当初のビクターレコードから、声がかかり、プロとしての活動が始まる。

だから、桑田佳祐さんのことだから、多分、大森隆志さんのことは、気になっているだろうし、大森隆志さんが、いなければ、今の、サザンオールスターズは、無かったかも知れない。

松田弘さんとの、出逢いも無かったかも知れないのだ。

毎日、毎日、プロとしての過酷な日々が続く。

そんな多忙が災いして、桑田佳祐さんは、「痔」を発症、撮影と撮影の合間に、たらいにお尻を付けていたとか、いなかったとか。

勝手にシンドバッドの間奏で、桑田佳祐さんが、「ミュージック カモン バック トゥ ミー」と、シャウトする。

翻訳すると、「弘、帰って来てくれ〜」となる。

当初、宮崎から上京してきた、松田弘さん、宮崎のディスコで、ハコバンのドラマーとして、店長に、「必ず、帰ってくるから」と、約束していたらしい。

律儀な松田弘さんは、「店長に、帰ると約束しとるとよね」と、言ったかどうかは、確かでないが、宮崎弁で、帰郷。

しかし、桑田佳祐さんの、勝手にシンドバッドの熱いシャウトに、後ろ髪を引かれ、再び、上京したそうだ。

だから、前置きは、長くなったが、その頃から、桑田佳祐さんは、松田弘さんの、プロフェッショナリズムを、完璧に見抜いていたのだ。

だから、KUWATA BANDの時も、唯一、サザンのメンバーで、一緒だったのは、松田弘さんだけだ。

では、松田弘さんの、何がそんなにスゴいのかを、これから、筆者なりに、語ってみよう。

関連記事

SMILE~晴れ渡る空のように~東京オリンピックテーマソングあれから40年。「躍動感」という言葉をを初めて体現した日。唄うたいは、「胸騒ぎの腰つき♪」と唄っていた。当初、アイドルブーム全盛期の時代に、ランニングシャツとジョ[…]

松田弘さんのバスドラとハイハットワーク

松田弘さんは、先にも述べたように、サザンオールスターズ結成前から既に、プロのドラマーとして、ドラムでお金を稼いでいた。

では、その、松田弘さんの、どこに、桑田佳祐さんが、惹かれたのか。

それは、筆者の中では、アルバム、「10ナンバーズからっと」と、「ステレオ太陽族」なんかを、じっくり聴くとよく分かる。

当初、サザンのデビュー曲、勝手にシンドバット、気分しだいで責めないで、思い過ごしも恋のうちなどの、アップテンポの3連発、途中、いとしのエリーを挟んだけど、事務所の意向もあったんだろうなー、と思うが、筆者の中では、16ビートのサザンであり、松田弘だった。

16系、ラテン系テンポも、アレンジが、全て異なっていて、やっばり、若い頃から、ドラムで、飯食ってるだけのことはある、と舌を巻いた。

振り返って聴いてみても、寸分の狂いもない。

「あんな、不規則で、モタリそうな譜面でも、狂わない」

アップテンポのリズムであっても、そうでなくても、とにかく松田弘のドラミングは、正確だった。

これは、筆者のもう1人の師匠、村上ポンタ秀一さんも、口幅ったく「ドラムがクソなバンドは、クソだ」、と、言ってらしたが、全くその通りで、やっぱり、サザンオールスターズは、松田弘さんのドラムだから、ビタッと決まるんであって、唄っている、桑田佳祐さんは、とにかく、「弘じゃないと、ダメなんだよ」と、言う事で、「ミュージック カモン バック トゥ ミー」となるわけで。

10ナンバーズからっとや、ステレオ太陽族、聴いてみて、今より、スゴいから。

関連記事

桑田佳祐さんとブルーノートスケールサザンオールスターズのデビューは、1975年ですが、その3年後の1978年に、桑田佳祐さんはブルーノートスケールという本を出版されています。ブルーノートとは何のことか分かりますか?若い方はご存[…]

セックスで言うとお互いが気持ちいい感じ

サザンオールスターズと言えば、際どい、下(しも)系の楽曲が、結構ある。

しかし、セックスやエッチは、人間の生理だ。

日本が、セックスに閉鎖的なだけであって、当たり前の生理現象なのだ。

子供が、産まれるのは、その、結果なんだから。

で、サザンだけに、桑田佳祐さんと松田弘さんの、具合をセックスで例えると、オトコとオンナ、どっちも、気持ちいい状態。

例えば、69、フィニッシュの時、そんな感じ。

お互い、舐めながら、舐められて気持ちよすぎるという。

そういうのが、松田弘さんのドラミングだ。

言葉では、なかなか、伝わりにくいんだが、音源を、そのまま貼り付けると、著作権に関わるので、どこまで、できるか、少し、時間をいただくが、まあ、セックスで、言うと、そんな感じだ。

関連記事

サザンオールスターズ・桑田佳祐さんの遍歴それは、1974年に今の核となるDNAが目覚めた瞬間。青山学院大学に入学した桑田佳祐さんは、音楽活動にのめり込み、YAMAHA主催のYAMAHA EAST WESTコンテストで、特別賞を受賞した[…]

松田弘さんのドラミングは、高揚感が超絶

10ナンバーズからっとの、お願いDJにしても、奥歯を食いしばれにしても、気分しだいで責めないで、あとは、ステレオ太陽族で言えば、Hello My Loveや、My For Play Music、ビックスターの悲劇とかは、如実に、桑田佳祐さんのボーカルを、気持ちよくさせるドラミングになっていると、筆者は、感じる。

松田弘さんの、ドラミングの基本は、まず、べードラが、規則的でない事。

あまり、音符通りは、気にしていない、多分。

でも、それが、ネイチャー コール ミーなんだ。

その、べードラと、ハイハットワークの兼ね合いが、聴いてる方も、実に、キレッキレに聴こえる。

代表的で、分かりやすいのが、HOTELPACIFICだ。

超絶である。

何と言うか、前戯があって、キスして、オッパイ揉んで、挿入して、フィニッシュって言う。

どうしても、例えが、不埒になってしまうが・・・

ドラミングが、段階的に盛り上がるから、聴いてる方も、唄っている桑田佳祐さんも、高揚してしまう。

特に、べードラの入り方の、変化が、次第に、主張し始め、ボーカルのメロディラインに、上手に乗っていく。

それも、ボーカルが、気持ちよくなるように。

そう、ボーカルが、気持ちよく、唄える下支え的に、ドラムのおかずが、付加されていく。

通常、Fill inは、4小節目が、多いが、松田弘さんの場合は、2、3小節目が多い。

中でも、べードラとハイハットで、そこは、抑揚付けされていく。

これが、THE 松田弘だ。

とにかく、ボーカルをいかに気持ちよく唄わせるかに、終始しているのが、松田弘さんのドラミングだ。

そう言えば、松田弘さん、大のジャイアンツファンのはずだが、カープの帽子かぶってたな。

関連記事

ウォーキング中に、松田弘さんのドラムを聴いていて気付いたことコロナの勢いが、少し、弱まってきたかと感じる、今日、この頃。リモートワークは、もやは、当たり前の、ビジネススタイルへと、定着してきた。そんな時、筆者は、ウォーキングを必ず[…]

松田弘さんがカープの帽子をかぶるワケ

これ、多分、カープの宮崎キャンプが影響しているのだと思う。

あくまで、想像だが。

桑田佳祐さんに、負けず劣らず、松田弘さんも、地元愛豊かな人だ。

カープが、宮崎で、キャンプをすれば、経済効果があると言うことでかな。

カープに感謝と言う松田弘さんなりの、おもてなしなのかも知れない。

それは、それで、筆者も、広島出身のカープファンなので、嬉しい限りだ。

松田弘さん、ありがとう。

関連記事

春夏秋冬のコラボで、桑田佳祐さんの声量の圧倒的な違いが露呈した「春夏秋冬」は、言わずと知れた、不滅の泉谷しげるさんのヒットナンバーです。1993年、奥尻島で、泉谷しげるさんが主催したチャリティコンサートに、サザンオールス[…]

今のサザンのポジションは、デビュー当初から分かっていたまとめ

さて、そろそろ、本記事の終焉が近づいてきた。

今のサザンのポジションは、デビュー当初から分かっていた、その、理由とは、当初のメンバーに巡り会えた事だ。

松田弘さんをはじめ、原由子さんのキーボード、ムクちゃんの、ぶっ込みベース、それと、盛り上げ役の、毛ガニさん、今でも、準メンバーなのか?

デビュー当初は、矢沢永吉さんのバンドで、パーカッションを叩いていたらしい。

だから、毛ガニさんは、「オレは、サザンは、準メンバーでいいよ」と言っていたらしい。

50年が経とうとしているが、毛ガニさん、多分、後悔しているだろうな。

と、言う事で、いろんな分野から、サザンのメンバーは、構成された訳だが、これは、やはり、青山学院大学中退の桑田佳祐さん、普通なら大学内でとなるんだろうが、そんな、ちっちゃい領分ではなかった事が、いい方向に転じて、当初から、最強のメンバーで構成されていたのだから、デビュー当初のアルバムも、スゴい出来映えになるのは、当たり前か。

いや、しかし、桑田佳祐さんの、絶え間ない、前進気性こそが、今のサザンオールスターズのポジションを画一したのだろう。

桑田佳祐さんには、愛がある。

桑田佳祐さんは、今でも、サザンの中で、ギターは、サポートメンバーとして、斎藤誠さんを起用している。

これは、サザンが、続く限り、恐らく、斎藤誠さんは、あくまで、サポートメンバーのままだろう。

桑田佳祐さんとは、そういう人だ。

松田弘さんは、ボーカリストとしてもスゴい

松田弘さんは、これまで、4枚のアルバムを発売している。

ボーカリストとしても、超絶、歌が上手いし、声が、カウンター テナー的、高くて透明感があり、 松田弘信者も多い。

桑田佳祐さんと、比較はできないが、松田弘さんなりのオリジナリティがあって、これらのアルバムを、この所、聴き込んでいる。

どれも、素晴らしい出来映えだ。

松田弘らしさが、満載の爽やかであり、ドラマーとしての主張もさりげなくスゴい。

松田弘さんのアルバムも紹介しておこう。

【1983年】エロス

【1997年】FUTARi

【2002年】DRSM

【2008年】GOOD CELEBRATION

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログへ
にほんブログ村

雑学・豆知識ランキング

最新情報をチェック!
>
CTR IMG