ギャラクシースマホ テーマ作成は意外とかんたん

ギャラクシースマホの自作テーマ作成は思ったより簡単だった

今、スマホは、1日たりとも手放せない、必須アイテム。

3度のメシより、スマホが手放せなくて、電柱にぶつかり怪我をする人もいるらしい。

スマホ中毒だ。

しかし、使い方次第で、スマホさえあれば、生きていける、そう言う人も、最近では、珍しくない。

1つには、世界中と、一瞬で繋がることが出来るデバイスだからと言う理由がある。

ペン、パイナップル、アップル、ペンが、その1例だ。

何が起こるか分からない。

youtu.be、META、インスタ、Twitterなど、使い方次第で、一瞬で、世界中に情報が広がる。

今や、将来は、ユーチュバーに成りたいと、真顔で言う子供までいる有様だ。

でも、楽しいし、一瞬で知りたい情報をキャッチできるし、筆者も、一瞬でも手放せないデバイスであることに異論はない。

そんな、シニア世代の筆者なんかが、定期的に、スマホの機能で変更しているのが、スマホ画面、スマホの場合、テーマと言うが、所謂、壁紙だ。

でも、これは、年代問わず、みんな、定期的にチェンジしていないだろうか。

人は、とかく、飽きやすいものだ。

筆者は、もう、かれこれ、10年以上、ずっとギャラクシーのスマホを使っている。


S6の弯曲した画面のエッジラインに、取り憑かれて以来、ずっとギャラクシーだ。

ギャラクシーのデザインと、画面の鮮明さは、独創的で、車に例えると、アウディに似ている。


アウディの特徴も、デザインは、300m先からでも、アウディたと分かる、つまり、アウディブランドが、どういうものなのか、ユーザーには、浸透していると言うこと。

ギャラクシースマホも、他社と明確に異なるエッジラインが特徴的で、すぐにギャラクシーだと分かる。

ギャラクシーは、韓国のメーカーサムスンが、販売するスマホだが、お隣、中国のOPPOも、限りなくギャラクシーに酷似したデザインで、販売は、絶好調。

両社に共通するのは、真似ができないエッジデザインだと言うこと。

ギャラクシーやアウディ、韓国とドイツたが、それと比べると、日本は、少し遅れを取っていると言わざるを得ないだろう。

日本では、大人気のリンゴスマホは、ちょっと、デザイン的に、個人的には、受け入れがたい。

デザインでは、サムスンが、群を抜いていると思っている。

先進性も長けてるいるギャラクシーは、既に、他社が真似できない、折りたたみスマホの先駆者でもある。

とにかく、液晶とカラーの表現が、鮮やかである。

実物以上?のカラーを表現している。

だから、定期的に、スマホの壁紙、正確には、テーマと言うが、変更したくなるのだと思う。

スマホの壁紙を変更するのは簡単だが、スマホの場合、壁紙変更だけでは美しくない

スマホの待ち受け画面に拘る人、拘らない人、どちらもいるだろう。

どっちでもいいと言う人もいるだろう。

筆者は、スマホ画面が気になる方だ。

と言うか、季節や気分によって、スマホ画面を変更したいタイプだ。

ケータイと違って、スマホの場合は、壁紙だけを単純に変更しただけでは、スマホの壁紙を変更したことにはならないことは、みなさんもご存知の通り。

スマホは、今や、小型のパソコン、いや、モデルによっては、パソコン以上の機能を有している。

スマホには、ホーム画面、ロック画面、設定画面、あとは、メールの画面、SNSなどの画面など、何パターンかの画面が存在する。

だから、スマホの場合は、壁紙と言うワードを使うことは少ない。

「テーマ」と言うのが、一般的だ。

基本的に使う画面全体のデザインを変更しなければ、統一性がなくなる。

ギャラクシーの場合、設定画面の中に、「テーマ」と言うアイコンが、存在する。

iphoneで言えば、APP STOREだが、ギャラクシーで言うと、GALAXY STOREと言うアプリがあって、設定画面の、「テーマ」画面から、この、GALAXY STOREに飛ぶようになっている。

しかし、だ。

この、GALAXY STOREのテーマ、素晴らしいテーマも多数、存在する。

ギャラクシーテーマの販売に積極的に取り組む法人も少なくないし、高精度なテーマもある。

ここで、自分の好きな、テーマをダウンロードできるようになっているのだが。

この、ギャラクシーに標準装備されている、テーマは、無料のテーマもあれば、有料のテーマもあって、これは、仕方ないのかも知れないが、テーマの種類は、豊富なものの、やはり、韓国主体のデザインテイストが、多いと感じてしまうのである。

美しさだけがが、強調されすぎるテーマが多いような気がする。

好みの問題だが、日本人特有のわび、さび、と言うテイストのテーマは、比較的少ないように見える。

アンティーク、クラシカル、こういった、古びた中にも、蕩けるようなテイストのテーマが、筆者は好きだ。

あくまで、筆者、個人の見解だが、このギャラクシーテーマ、実は、サムスンが、リリースするデザインではないのだ。

サムスンとは別の、サムスンデベロッパーが、多数、世界中に存在し、彼らが、デザインしたテーマなのだ。
しっくりくるものもあれば、ちょっと違うな、と言うテーマも、ある。

そこで、考えたのは、それなら、ギャラクシー用のテーマを自作すれば、いいじゃん。

それって、そんなに簡単にできるのか。

かれこれ、このギャラクシーテーマの自作する方法を模索して、数年は、経過するが。

しかし、ようやく、ギャラクシーテーマを自作する手がかりを見つけた。

実は、このギャラクシーテーマを創り、個人で楽しむことや、ギャラクシー端末のテーマアプリにアップする方法などの情報は、いくつか、記事があるが、専門的すぎて、なかなか、理解できないものが多い。

とかく、こういう類いの、知識は、やはり、専門的な人が、知っていることが多く、そういうレベルの高い人達の、ご説明は、専門的なテイストで創られているのだ。

どこで、何を、どうすればいいかが、素人には、分かりにくいことが多い。

しかし、何回も、こうかな、こうかな、と、試行錯誤した、結果、ようやく、ギャラクシーテーマの自作法を解読できた。

結論だが、かなり、簡単に、ギャラクシーテーマは、創れる。

そして、フレームさえ、手に入れれば、あとは、プロ同様、正確に、動作することが分かり、気に入っている。
自分の好きなデザインが、自分の好きなスマホのテーマにできるなんて、たまらない。

ギャラクシーテーマを創るのに検索するワードとは

結局、ギャラクシーテーマ作り方とか、ギャラクシーテーマリリース手順とか、ギャラクシーのテーマの作り方、ギャラクシースマホのテーマアプリにアップするには、どんな検索語句では、検索すればいいのか。

なかなか、ヒットせず、どう言う手順で、どうすればいいのかが、分かりにくいし、情報量がかなり、少ない。

加えて、日本向けには、基本、オープンにされてないときたから、それは、情報が少ないのは当たり前か。

ストレートに、スマホで検索しても、これについては、1記事も存在しなかった。

既存のリリースされている販売者情報を見ても、どうやら、日本で、ギャラクシーテーマを販売している人は、あまりいない様子だ。

半ば、諦めかけていた時、それなら、サムスンのお客様センターにぶつけてみるしかないだろ。

こんだけ、検索しても、ヒットしないんだから、日本では、マジョリティではないのだろう。

よし、それならと、サムスンのお客様センターに、ストレートに聞いてやろうと。

半ば、諦めかけて、メールで問い合わせたら、何と返信が返って来た。

なんだ、始めから、サムスンのお客様センターに聞けばよかったんだと、返信内容を見てみると、やはり、サムスン自体が、テーマの販売に携わって訳ではなく、それは、ディベロッパー部門に、問い合わせてみてくれと言う内容だった。

何だ、結局、分からないのか。

振り出しに戻った気分だったが、サムスンは、その問い合わせ先を紹介してくれた。

ギャラクシーテーマの自作はできる、販売もできる

ここで、触れるのは、ギャラクシーテーマを自作して、自分で楽しむ方法と、ギャラクシーテーマを自作し、販売まで行うことまでの、2つの項目について、もう少し、深く解説する。

先に、結論だが、2項目とも、実行可能だ。

しかし、販売に当たっては、当然ながら、条件をクリアしなければ、その門戸は開かれない。

デザイナーとして、サムスンデベロッパーに認められた人には、ギャラクシーテーマスタジオと言う、システムにログインできるようになり、そこで、簡単にギャラクシーテーマを作成し、販売できるようになる。

真意は分からないままだが、認められるのは、1,000人に1人程度とか。

本当かどうかは、定かではない。

しかし、一方で、ギャラクシーテーマを作って、自分のスマホだけで、楽しむことについては、実は、かなり、ハードルが低い。

情報が少ないのと、そのやり方についての解説が、素人には、分かりにくいだけのこと。

まず、ギャラクシースマホのテーマを自作して、自分だけのテーマを作りたいと言う人は、ある、ギャラクシー専用のアプリをダウンロードする必要がある。

iPhoneなら、APP STORE、Androidなら、Google Playが、ギャラクシーなら、GALAXY STOREが、アプリストアになるが、まず、ここにやってきて、ギャラクシーテーマを作るためのダウンロードを試みる人が、多いだろう。

しかし、ここでは、ギャラクシーテーマを作成するために必要な、アプリは、ダウンロードできない。

ここに、探しにくさがある。

実は、ギャラクシーテーマは、世界では、簡単に作れるアプリが、ここ、日本に於いては、ストアからのダウンロードが、できないようになっている。

理由は、定かではないが、もしかするとアプリに脆弱性があるのか、それとも戦略的なものなのか。

なかなか、見つからないはずだ。

ギャラクシーテーマを自作するためには、「Thema park」と言うアプリのダウンロードが必要だ。

では、テーマパークアプリは、どこから、ダウンロードするのか。

これが、また、難しい経路を辿っていかないとダウンロードできないようになっている。

難関が、2箇所ある。

ここの、説明が、専門性に長けている方々の解説が、実に、難しい。

敢えて、詳細なことを、記述すると、結局、難しいことに成りかねないから、詳しく知りたい人は、「お問い合わせ」から、ご質問いただけば、ご回答する。

ダウンロード方法も、筆者が、実際にダウンロードできた方法は、2種類ある。

1つは、テーマパークを直で、ダウンロードする方法。

ここで、直ダウンロードできる。

softnic

そして、もう1つ。

これは、直ダウンロードができない前提で、解説されている。

ガジェタク

筆者は、どちらの方法でも、ダウンロードでき、問題なく動作してくれている。

晴れて、テーマパークをダウンロードできたら、あとは、視覚的に、どうすればいいか分かる。

ここまで来れば、自分の好みの画像(著作権フリーに限る)を、テーマとして、設定できる。

この、テーマパークアプリだが、かなり、優秀で、ギャラクシーの新しい端末でも、ジャストサイズで、カスタマイズしてくれるから、自分だけの、ギャラクシーテーマの自作が可能だ。

こちらは、むかしながらの、銭湯なんかによく見る「タイル」だが、個人的には、味わいがあって気に入っている。


んな風に、全ての画面を、カスタマイズしてくれる。

これは、気持ちいい。

アイコンも、画面も、何の支障もなく、滑らかで、快適に動作してくれるから、参考にされたい。

最新情報をチェック!
>
CTR IMG