東急ハンズのスマホコーティングが無敵なワケ

東急ハンズのスマホコーティングは無敵

東急ハンズで、コーティングすれば、スマホ画面は、つるつるの面仕上がり。

みなさん、スマホの画面はフィルムを貼ってますか?

画面割れしたことないですか?

スマホも今や、ハイスペックのフラッグシップだと、100,000円越えは、当たり前、そうそう、画面割れなんかしてもらっては、困ってしまう。

と、言うか、割れてもらっては、困る。

どうも、これからは、スマホ画面は、コーティングが主流でしょう。

フィルムもいいけど、どうでしょう。

筆者の場合は、好きなスマホは、その、デザインに、惚れ込んで購入するから、そのまんまの、デザインで、使いたい。

例え、フィルム1枚でも、貼るのと、貼らないのとでは、雲泥の差。

しかも、フィルムだと、背面は、スマホカバー、これだと、完璧に、好きなスマホの原型をとどめない。

それに、我慢できない派なんです。

だから、東急ハンズのスマホコーティングを、選んだんです。

東急ハンズなら、液晶画面なら、4,400円、両面で、6,600円で、スマホコーティングできます。

両面をコーティングすれば、まず、傷が付くことはないし、何より、自分が好きなスマホを、「そのままの形」で、使えます。

スマホを選ぶ時に、デザインを重視される方は多いと思いますが、カバーを付けると、どうしても一周り大きくなります。

これを100%、解決してくれるのが、東急ハンズのスマホコーティング。

筆者は、これまで使っていたGalaxy S8の画面が割れてしまったので、ついについに 、Galaxy S20を手に入れました。

感動。(おっと、メインはスマホのことじゃない)

見惚れるほどの、フォルムは、完璧。

これを機に、スマホの画面をガラスコーティングしてみようと。

スマホコーティングについては、いろんな噂が飛び交っていて、迷ってはみましたが 、東急ハンズに、テナントとして入っているアイクラックトという屋号のスマホ画面コーティングサービスを利用してみることにしました。

まあ、東急ハンズも、CAINSの傘下になってしまいましたが、東急ハンズは、東急ハンズ、扱っている商品は、どれも、拘りある、商品ばかり。

そして、この、ハンズのスマホコーティングサービス、エリアによって、どうも、法人が、違うみたいなんですが、東急ハンズのスマホコーティングは、Xコーポレーションという屋号のテナントと、アイクラックトという屋号のテナントの2社が、スマホコーティングサービスをやってるみたいです。

筆者は、広島の東急ハンズで、スマホコーティングしたので、アイクラックトというテナントでした。

スマホは購入した時に、フィルムを貼って スマホカバーをつけるというのが一般的ですが、東急ハンズのスマホコーティングを試した結果、これからはスマホはコーティングする時代と言えるでしょう。

アイクラックトってどんな会社

東急ハンズに、テナントとして入っているアイクラックトとは、スマホの画面コーティングサービスを行う会社ですが、アイクラックトって聞いたことあんまりないんですよね。

筆者は、ただ、東急ハンズにテナントとして入っているということは、信頼できる会社だと、勝手に判断して、東急ハンズのスマホコーティングサービスを申し込むことにしました。

考えてみるとかなり、まあまあ、リスキーではあります。

買ったばかりで、まだ、使っていないスマホ画面にコーティングする。

なかなかの、覚悟。

アイクラックトについてちょっと紹介しますと、かなり世界各国で事業を行っている スマートフォンの修理業者のようです。

業歴もあるみたいですが、アイクラックトはこんな会社です。

『iCracked(アイクラックト)は、2010年に米カリフォルニア州・シリコンバレーで創業した世界最大級のスマートフォン・タブレット修理事業者。』

筆者はそもそも、東急ハンズでサービスをしているスマホコーティングについては、 エックスコーポレーションという企業がやっているという情報を持っていたのです。

しかし、筆者が実際に、東急ハンズで、コーティングサービスを受けたのは、広島の東急ハンズのテナントの中にある、アイクラックトというインショップでした。

エックスコーポレーションとはちょっと違うのかも知れませんが、でも実際に、アイクラックトのサービスも、結論から言うととんでもなくスピーディーで、綺麗で、頑丈で文句無しの仕上がりでした。

アイクラックトの店員さんが、実際にスマホガラスコーティングをしている端末を、トンカチで、ぶん殴っている動画を撮らせていただきました。

それがこれです。

こんだけ、ぶんぶん、ぶん殴ってもビクともしないのが、東急ハンズのスマホコーティングサービスです。

東急ハンズのスマホコーティングサービスの店舗数

全国に、東急ハンズは53店舗あります。

ただ、この全ての店舗にスマホコーティングサービスのテナントが入っているかどうかは、このアイクラックトの店員さんに聞いたんですが、不明ということでした。

やはり、エックスコーポレーションと分けあってるかな。

恐らくですが、大きな都市の東急ハンズでは、まず取り扱いがあるだろうということです。

東急ハンズで、スマホコーティングをしたいのであれば、MAX50店舗でサービスを受けることができる。

ただし、中にはテナントとして入ってない店舗もあるということは気をつけておいてください。

東急ハンズ以外には、Loftなどでも、このスマホコーティングサービスをやっているようです。

実際に買ったばかりのスマホで東急ハンズのスマホコーティングしてきましたよ

さて、意を決して、スマホを機種変したばかりの筆者ですが、その足で、東急ハンズのスマホコーティングショップに足を運びました。

これは、なかなか、緊張しますー。

なんせ、120,000円の新品です。

youtubeでは見てたんですが、サービスを受けるとなると、話は別です。

フィルムは、失敗したら、剥がせばいいだけですが、コーティングとなると後戻りできません。

恐る恐る、実際にどんなサービスなんですか。

と聞くと、youtube の動画通りのスマホコーティングをすることで、画面が、簡単には割れることはなくなります。

ということでした。

案外、あっさり。

失敗は、ないですか?

と聞くと、失敗はないですときっぱり。

コーティングたから、塗りムラとか、想像できますが、それは、皆無、心配なしと。

よほどの自信があると解釈しました。

「よし、じゃあ、信じようじゃないか、では、お願いします」。

とにかく、東急ハンズのスマホコーティングは、の液晶画面が鏡面並みに輝き、わずかなホコリや汚れなど全くなく、わずか10分程度で、スマホ画面が、完璧にコーティングされるという嘘みたいな話です。

東急ハンズのスマホ ガラスコーティングの具体的作業内容

東急ハンズの、スマホコーティングサービスの内容は、youtube である程度知っていたのですが、筆者が出向いた広島の東急ハンズでは、エックスコーポレーションではなく、アイクラックトという企業が、コーティングサービスをして店舗を構えています。

まず、前段で、形式的な、注意事項の説明があります。

いわゆる、重要事項説明のような。

まあ、これはどこに行ってもあるような説明なんですが、実際に ネットなどで調べた価格よりも実は安かったです。

ネットで調べた情報では、この東急ハンズのスマホガラスコーティングは、4,980円、これは、スマホの表側の液晶画面の価格でした。

ただ、筆者が、お願いした東急ハンズ広島のスマホコーティングサービスはキャンペーン期間中ということで、スマホの液晶画面部分のコーティングだと、なんと3,300円(税込)で行うことができました。

そして、作業時間ですが、約10分~15分と事前に言われたいたんですが、結局は、7分48秒。

しっかり動画も撮ってきました。(責任者の方は、実に寛容・・・逆に、どんどん広めて・・・てな感じ)

当初ネットで調べた情報では、動画は取らせてもらえないという噂が出回ってたんですが、勇気を持って動画を撮らせてもらっていいですかと質問すると、快くどうぞどうぞと快諾して頂けました。

ですので、これからスマホコーティングをと考えている方、一部始終の作業工程を皆さんにもご紹介します。

まばたきせずに、しっかりみてください。

その内容がこちらです。

少し 退屈かもしれませんが、あっという間の10分もかかりませんでした。

東急ハンズのスマホコーティングは約10分でコンプリート

思ったほど時間がかからなかった、東急ハンズのスマホガラスコーティングですが、動画を見ていただけばわかるんですけど。

  1. スマホ画面の汚れを取ります
  2. 何かスプレーのようなもので画面をきれいにします
  3. おもむろに、一つの小さな袋、液体の入った袋を取り出して、わずか1~2滴ほどスマホの画面にたらします
  4. スマホ全体になぜまじましていく
  5. これを3回繰り返す

これだけなんですね。

「ほんとかよー」と思いましたが 、実際にサービスをお願いする前に、デモ機で トンカチでガツンガツン叩いていたのを見ていたので、あまり不安は、感じませんでした。

ただ、技術としては、かなり最先端の技術ではないかと思います。

小さな袋に入っている液体、これが、魔法の液体の模様。

スマホの画面をきれいに拭き取って、秘密の液体を1~2滴、そしてスマホ画面全体になじませる、これを3回繰り返す。

3回繰り返すことで6層。

更に、3回まで、上塗りして、最高で18層のコーティング層ができるそうです。

繰り返して行うことでより、頑丈になるというのが店員さんの説明でした。

東急ハンズのスマホコーティングは多種多様

東急ハンズのスマホコーティングサービスは、スマホ画面コーティングがメインのサービスなんですが、スマートフォンに限らず当たり前ですが 、iPad やパソコン 、Apple Watchやスマートウォッチ、腕時計、アナログ時計、何にでもコーティングできるそうです。

液晶画面ガラス画面と呼ばれるものであれば、基本コーティングできるというのが、アイクラックトの店員さんの説明でした。

どちらにしても、魔法の液体をほんのわずかに画面に落としてたらして、全体にローリングするだけの作業なんですが、その作業を終えた時の筆者のスマホ画面が、これです。

なんか、すごい鏡面仕上がりです。

鏡面仕上がりというだけではなくって、これに頑丈さが加わっているわけです。

画面の美しさを期待していたわけではなく、画面を傷つけないためにコーティングをしたかったのが、筆者の本当の目的だったんですが、東急ハンズのスマホコーティングは、ただ画面が鏡面になるだけではなく、出来栄えも実に美しいものでした。

仕上がったスマホ画面を、撮ろうとすると、写す方の姿が、仕上がったがスマホの画面に鏡のように写ってしまうのです。

やあ、これ、スゴすぎる。

東急ハンズのスマホ画面をコーティングまとめ

東急ハンズのスマホコーティングのまとめです。

結論、はキャンペーンということもあってなのかもしれませんが、筆者が想定していた価格よりも安かったということがまず第一。

そして、この東急ハンズのスマホコーティングは、一度塗ると、約4年間、効果が持続するそうです。

ふと考えてみると、スマホ画面にフィルム 貼ると、特に、夏場ですが、知らないうちに空気が入ってたりするんですよね。

そして、やはり筆者のようなGalaxy S20など、所謂、エッジライティング画面、フラットな画面ではなく、湾曲した画面の場合は、 フィルムを完璧に貼っても、どうしても、剥がれてきてしまうんです 。

おおよそのイメージですが、半年に1回ぐらいはスマホ画面のフィルムを交換していました

フィルム1枚って、約1,000円ぐらいしますよね。

半年で1枚として、1年で2,000円、4年だと8,000円かかるということになります。

コスパから見ても、東急ハンズのスマホコーティングを一度することで、4年間持つことを考えると。

断然こちらがお得になります。

そして2つ目ですが、東急ハンズのスマホコーティングは、とにかくスピードが速く且つ、作業が丁寧でした。

事前の説明もわかりやすく、動画の撮影も応じていただきました。

包み隠さず、サービスの内容を消費者に提供して下さいました。

結論ですが。

東急ハンズのスマホコーティングは、超オススメです。

これは動画を見ていただくと分かることだし、実際に筆者は、新品のGalaxy S20を、東急ハンズでスマホコーティングしたんです。

論より証拠。

画面を指でなぞると、スルスルと滑るようにしなやかな画面に仕上がります。

みなさんも、スマホって、1日たりとも手放せないツールになっていますよね。

そして、スマホの価格は、安いものでは50,000円程度であるものの、フルスペックのフラッグシップモデルのスマホであれば、100,000円は軽くオーバーする価格帯になっています。

ということは、スマホは丁寧に扱わないと大変なことになるということです。

毎日使うものだから気持ちよく使いたいし、少し落としたぐらいでガラスの画面が割れなくなるのなら、東急ハンズのスマホコーティングをすることは、超超オススメ、それしかありません。

実際に、スマホを東急ハンズコーティングをした筆者ですが、10日以上たっても、全く遜色なく、快適にツルツルとした、鏡面仕上げのスマホ画面で、スマホライフを楽しんでいます。

やあ、やっぱり、これからは、スマホ画面はコーティングです。

東急ハンズのスマホ画面コーティングは、間違いなく最強

東急ハンズの、スマホコーティングを施した筆者ですが、コーティングした数日後、自転車に乗っていた時のこと。

ズボンのポケットに、スマホを入れて、自転車で軽快に走っていたら、「スルッ」と、ズボンから、抜け落ちていたしまったんです。

筆者は、東急ハンズで、スマホの液晶画面のみを、コーティングしていて、背面は、スマホカバーをしていました

落下したのは、不幸にも、液晶画面から。

2m~3m先まで、滑るように、勢いよく、クラッシュしたので、さすがに、「これは、やったな」と思ったら。

さすが、東急ハンズのスマホコーティングは、「半端なかった」です。

ほぼ、無傷でした。

画像をアップしても、いいんですが、殆ど無傷で、ほんの少し、1本の線が、入った程度なので分からないと思ったので、敢えてアップしませんが。

ほぼ、無傷。

液晶が割れることもなく、ほんの少しの、見えるか見えないかの、傷だけで、助かりました。

東急ハンズのスマホコーティングは、液晶画面だけでなく、背面もコーティングできます。

これは、もう、スマホカバーも、いらないな、と実感しました。

近々、スマホ画面両面をコーティングしますので、また、その際は、画像なり動画をアップしますので、ご覧になってみてください。

東急ハンズに、テナントとして、入れること自体、信頼性が高いことを実感しました。

ちなみに、6,600円で、両面コーティングできるそうです。

5G端末が、かなりのスピードで、どんどん発売されてきました。

筆者は、既に、GALAXY20Sですが、スマホカバーは、もう、いらない、本当にその端末のデザインそのものを楽しめる時代になりました。

筆者の、経験した限りでは、両面のスマホコーティングをしておけば、もう、スマホカバーは不要です。

いろいろ検証してきましたが、筆者は、この年末、スマホカバーを卒業し、これからは、東急ハンズでスマホ両面をコーティングすることに決めました。

この、東急ハンズのスマホコーティングは、無敵です。

東急ハンズのコーティングサービスは時計にも最強

東急ハンズでは、ハンズメッセで賑わう中、人知れず、列を成すのが、スマホコーティングサービスコーナーだ。

東急ハンズのスマホコーティングサービスは、国内の東急ハンズ50店舗で、展開しているが、その実力は、本物だ。

実は、東急ハンズは、シンガポールなど、海外にも15店舗の拠点を持つ。

筆者は、スマホで、この、東急ハンズのコーティングサービスを試してみたが、スマホに、フィルムを貼るより、遥かに、スマホを守ってくれた。

しかし、どこから、スマホコーティングサービスの実力を知ってか、女子高生の実に、多いことか。

やはり、流行は、若い世代が創り上げると言うのは、本当の話だ。

スマホで、コーティングサービスの実力を実感した筆者は、今度は、お気に入りのスマートウォッチを、コーティングしてもらうことにした。

その、スマートウォッチとは、wena wristだ。

スマートウォッチと聞いて、アップルウォッチをイメージする方は、さて、どれくらいいるだろうか

スマートウォッチと言えば、アップルウォッチだが、それは、あまりにも、メジャーすぎて、面白くないと言うのが、筆者の、マイナー思考で、あまのじゃくなところ。

しかし、ネームバリューだけで、スマートウォッチを選ぶ時代は、終わった。

アップルウォッチに対抗するのが、GALAXYウォッチ、 こちらは、オリジナルのプラットフォームのTAIZENを使っている。

そして、 それらの海外勢の人気に並ぶのが、SONYのwena wristだ

wena wristは、ソニーのスマートウォッチブランドで、beamsやCITIZEN、SEIKOなど、日本の時計、トップブランドとのコラボ商品も多く発売している。

筆者は、個人的に、四角い時計が苦手だから、アップルウォッチは、経験がない。

アップルブランドだから、当然、ハイスペックであることは間違いないし、できることも、日本で満足して使える機能は、全て搭載している。

しかし、GALAXYウォッチも、遂に4に突入するし、SONYのwena wristも負けてはいない。

筆者の、 wenaは、これだ。

wenaの初号機のクロノグラフは、完成度とデザインが、抜群だ。

更に、今回、beamsとのコラボモデルも購入したベルト部は、wena3。

最強だ。

時計は、意外と傷がつくもの。

背伸びをした時に、壁に当たる、玄関の開け閉めの際に、ドアに当たる、ベランダへの出入りの際に、戸に当たってしまう。

このような経験は、みなさん、ないだろうか。

後で、冷静に見てみると、大切な時計に傷がついていたりすると、 一気に、テンションが下がる人も少なくないだろう。

時計のガラス部には、ゴリラガラスなどが施されていることが多いが、それでも傷は、知らないうちにつくものである。

そんな時は、東急ハンズのコーティングだ。

東急ハンズのコーティングは、何もスマホだけではない。

時計の場合は、ガラス部もだが、周りの金属部も、お願いすれば、コーティングしてくれる。

料金は、4,000円だ。

筆者は、2個分のコーティングをしてもらった。

見た目は、全くと言っていい程、コーティングしていることは、分からない。

しかし、最初の1台をコーティングした直後、家の戸に時計の金属部が当たって、「あっ、やっちまった!」と思って、時計を見てみたら、無傷だった。

やはり、東急ハンズのコーティングサービスは、最強だ。

スマートウォッチも、フィルムコーティング商品は、多く販売されているが、これには、やはり、限界がある。

熱が加わると、粘りなどの恐れがあるし、水に浸すと、粘着にどうしても影響してしまう。

しかし、東急ハンズのコーティングなら、半永久的に、こういった心配も全く不要だ。

スマホ同様、ほぼ、傷がつく心配のない、ハンズコーティングをオススメする。

東急ハンズのコーティングサービスを、オススメする理由は、実は、もう1つある。

路面店で、みなさんは、iPhone修理とか、個人商店らしい看板を見かけたことは、ないだろうか?

これは、これで、ちゃんとしたサービスを提供しているのだろうが、本来、 iPhoneの修理は、個人では出来ないことになっている。

近所にあるからとか、安いからと言う理由だけで、そういった路面店を選ぶのには、十分、注意してからにして欲しい

こういう路面店は、同じように、スマホコーティングなどもやっているが、要注意が必要だ。

その、反面、東急ハンズにテナントとして、間借りしている、アイクラックドやXコーポレーションなら、安心。

何せ、東急ハンズが、認めている屋号だからだ。

大切なスマホや時計を、コーティングするなら、任せて安心の東急ハンズをオススメする。

所要時間は、混んでいなければ、僅か15分程度で、仕上がる。

しかし、最近、口コミで、情報が広がり、混んでいることが多い。

混雑を避けたいなら、平日の遅めの夕方か、開店直後が、オススメだ

さて、それでは、筆者の、wena wristのコーティングぶりを見ていただこう。

これらが、そうだ。

まるで、傷がつかない、魔法のコーティングは、東急ハンズが、安心で、オススメだ。

最新情報をチェック!
>
CTR IMG