おはぎはナイスムラカミみのごまおはぎが最強

おはぎなら、ナイスムラカミごまおはぎに限る

時々、無性に食べたくなるのが、和菓子、やっぱり日本人ですな。

和菓子の中では、大福やおはぎは、人気の筆頭。

また、おはぎは、縁起物としての位置付けもあるので、お盆やお正月、彼岸などの、特別に日に食べる和菓子として、定着している。

洋菓子ブームに押されて、最近では、和菓子は、何か高齢者の食べ物のような面持ちもあり、若者の和菓子離れが、取り立たされている中、ここにきて、また、おはぎが、若者たちの間で、密かなブームになっていると言う。


それに火を付けているのが、若い女性たちだ。

日本の、「和」の思想が、やはり、日本人には、しっくりくるのだろう。

しかし、洋菓子もまた、日本人の器用さが随所に表現されて、世界に引けを取らないほど、上質な洋菓子屋さんも、続々と増えているのも、事実。

さて、あなたは、洋菓子派か、それとも、和菓子派か。

いずれにしても、洋菓子と和菓子で気になるのは、「糖分」だろう。

洋菓子と和菓子、食べるなら、どっちが、身体への影響が少ないのか。

「おいしければ、それでいいじゃん」。

そんな、声も聴こえてきそうだが、洋菓子と和菓子では、糖質の量に雲泥の差があることは、みなさん、ご存知だろうか。

若い皆さんは、代謝も早いから、あまり、気にする必要はないが、ある程度の年齢になると、「甘さ」を、無視するわけにもいかない。

甘い食べ物を継続して、摂取することは、やがて、身体に影響を与えることは、間違いない。

肥満、糖尿病などへの影響も考えながら、程よく、おいしい洋菓子や和菓子を堪したいものだ。

甘いものわ食べるなら、ナイスムラカミのごまおはぎがオススメなワケ

甘いものには、目がない、そんな人は、少なくないだろう。

筆者もその1人だが、これは、広島が本拠地のナイスムラカミに注目。

広島にしかない、スーパーだから、ちょっと現実味が湧かない方も多いと思うが、ナイスムラカミは、広島界隈に5店舗を展開する、中堅スーパーだ。

地元の方の支持は高い、ナイスムラカミたが、ここの、手作り特製、ごまおはぎが、とにかくスゴい。


ナイスムラカミのごまおはぎの何が、スゴいって、そう、ごまの数が半端ない。

ごまって、食材の中でも、体にいいと言われいることは、みなさんもご存知だろう。

「まごわやさしい」、みなんも1度は、聞いたことがあるだろう。

  • 「ま」は、豆
  • 「ご」は、胡麻(ごま)
  • 「わ」は、わかめ
  • 「や」は、野菜
  • 「さ」は、魚
  • 「し」は、しいたけ
  • 「い」は、芋

で、「まごわやさしい」、だ。

これらは、体の調子を整える基本だと覚えておこう。

普段、特に1人暮らしなどの場合、なかなか、ごまを食べることは、ないだろう。

そこで、オススメなのが、ナイスムラカミのごまおはぎだ。

ご覧の通り。

ごまが、ふんだんにまぶされている。


数えることは、不可能だが、惜しみのないごままぶし。

ナイスムラカミの、手作りおはぎたが、全部で、5種類のおはぎが、毎日、店頭にひっそりと並ぶが、やはり、圧巻なのは、この、白ごまおはぎと黒ごまおはぎだ。

どれも、100円なのだが、白ごまおはぎと黒ごまおはぎは、間違いなくお値段以上だ。

他にも、抹茶、きなこ、あずきがあるが、抹茶も実は、捨てがたい。

と、言うのも、むせるほど濃厚な抹茶が、まぶされている。

やはり、白ごま、黒ごま、抹茶は、コストが高いとあって、1列、1日限定10さかないから、筆者は、どうしても、おはぎが食べたい時は、朝一から、ナイスムラカミに、チャリンコを飛ばす。

やー、それにしても、ナイスムラカミのごまおはぎは、知る人ぞ知る、名物だ。

食したい方は、朝、早めにお店に行っていただきたい。

昼には、既に、白ごまおはぎと黒ごまおはぎは、ほぼ、売り切れているからご注意を。

ナイスムラカミのごまおはぎは、中のあんも絶妙

ナイスムラカミのごまおはぎたが、中身は、たっぷりなあんが、詰まっている。

これも、味付けが甘すぎず、つぶあんなので、程よい食感と、ごまの風味が相まって、本当に至福のひとときを味わえる。

甘いもの好きな方も、このナイスムラカミのおはぎなら、安心だ。

と言うのも、ナイスムラカミのおはぎは、中のあんの甘さが抑えてある。

加えて、和菓子だから、洋菓子のカロリーの約半分程度の、お菓子としては、低カロリー。

150キロカロリー程度だ。


洋菓子、ショートケーキだと、約2倍の360キロカロリー程度。

これなら、2個程度食べても問題ないだろう。

おまけに、特に、ごまおはぎは、恐らく1,000個以上のごまがまぶされているから、日頃、よほど、ごまを食べることに気を付けている方なら別たが、ごまの栄養をしっかり吸収できる。

ただ、ちょっとだけ、気を付けていただきたいのは、美味しいので、粗食がおろそかになりがちなことだ。

せっかく、ふんだんなごまも、よく粗食せず、飲み込んでしまうと、せっかくの栄養分も、半減する。

気持ちは、分かるが、筆者も、努めて、ごまをぷちぷちと粗食して、いただくようにしている。

是非、みはさんも、ナイスムラカミの、ごまおはぎを、お試しあれ。

最新情報をチェック!
>
CTR IMG