◆マックのモバイルオーダーがウルトラ便利な件

マックの持ち帰りなら、モバイルオーダーが最速

週末は、マックで済ましゃおっか、そういう人も多いことだろう。

筆者も、マック愛好家の1人だが、やはり、まだ、店内での飲食者は少ないように見える。

マスク着用の義務化が緩和されたと言うものの、店内での飲食は、これからも、元には、戻らないような気がする。

かつてあったような、子供たちの笑い声の絶えない、店内のまろやかな空間は、もはや、遠い過去の、マックの光景となり、殊、マックに関して言えば、ドライブスルーや、持ち帰りが、主流になりそうだ。

しばらく、筆者も、マックに行ってなかったが、週末、久々だし、マックにしようかと、当分、使っていなかったマックアプリを使って、お得なクーポンでもないかなと、アプリを触っていると、マックアプリが、相当、使いやすくなっていた。

コロナ前も、筆者のマック利用は、持ち帰りが、鉄板で、通常なら、サイドメニューで、コーヒーやコーラ、ジュースを注文する人も多いだろうが、筆者の場合、この、マック特有の、「コッテコテの濃い味つけ」に、ビールを流し込みながら、食するのが、得も言われぬ、至福のひと時だ。

さて、筆者は、マックの中では、とにかく、何があっても注文するのは、ダブルチーズバーガーに決めている。

ビーフバーガー2枚に、ケチャップメインの味付け、フライパンで炒めた玉ねぎの微塵切りと、ピクルスの絶妙な、酸味、これら、どのマックよりも、それぞれの食材のバランスが黄金比率だと思っている。

ビックマックだと、パンの主張が強く、堪能できない。

パサパサ感が、否めない。

やっぱり、食べるなら、ある程度の、罪悪感を感じながら食べるより、100%の罪悪感で、とにかく、うまいだけのマックに集中したい、それが、 マックを食べる時の醍醐味だ。

そういう意味で、ダブルチーズバーガーは、体のことは、一旦、忘れて、バーガー1個で、ビール1本を飲み干せるほどの、ガッツリうまい、バーガーであることに違いない。

いや、今回は、どのマックが好きだと言う話ではない、マックを持ち帰るまでの、時間が、ガチで、早くなったことを、みなさんに、伝えたい。

ガチと言うか、神と言うか、そう、ウルトラ早くなった。

マックモバイルオーダー持ち帰り最速手順

マックと言えば、ファーストフードの分類に入るが、マックは、不思議と、スマホ決済への対応が、遅かった。

なぜ、マクドナルドほどの、ファーストフード店で、スマホ決済しないのか、と不思議に思っていたが、スマホ決済に対応したのは、つい、最近のこと。

しかし、この、スマホ決済が、マックの躍進の、トリガーとなり、ガチ早い、持ち帰りが、実現した。

では、早速、ガチ早い、神早い、ウルトラ早い、マッハ早い、マック持ち帰り手順を、公開しよう。

そんなに、大袈裟ではない、ちょっと考えれば、分かることたが、筆者は、取り分け、何かを食べるのに、待つのが嫌いなタイプ。

どんなに、有名で、うまい、ラーメンやつけ麺店でも、並んでまで、食べると言う行為をしたことがない。

それなら、そこそこで、並ばなくていい店で食べるタイプ。

それくらい、せっかちなのだ。

だから、マックでも、注文したら、すぐに受け取りたい。

それが、いよいよマックで実現した。

マックアプリさえあれば、一瞬だ。

注文して、2分以内に、商品を受け取ることも可能だ。

これまでの、マックとは、まるで、違う。

これまでの、マックアプリでは、こうは、出来なかった。

申し訳ないが、これまでのマックアプリは、使えないアプリで、スマホの中でも、スリープ入りする、アプリの筆頭だった。

では、具体的手順に進もう。

①まずは、マックアプリの起動(iosでもAndroidでも可)

②画面下のメニューから好きなメニューを選択する

③今すぐ注文するをタップする

④どの店で受け取るかを決めて選択する

⑤画面右下のカートに追加をタップする

⑥画面右下のレジに進むをタップする

⑦店内で受け取るか、ドライブスルーで受け取るか、テーブルで受け取るかを決める(選択肢は5つ)

⑧支払い方法を選択する(クレジット、paypay、d払い、楽天pay、aupay、LINE Pay)
支払い方法は、6種類

⑨画面右下の次へをタップする

ここで、「次に」を、押すと、オーダーが入り、引き渡し準備が始まるから、この時には、既に、店にいること。

相変わらず、ウーバーイーツやその他、多数のデリバリー業者の出入りが多いので、気持ち早めに、オーダー完了することを、おすすめする。

注文したい商品が決まっていれば、スマホ1つで、注文から、支払いまでが、スマホで、一気通貫する。

財布をバッグから、取り出す必要さえない。

とにかく、スマホ1つで、完結するのだ。

こんな、ウルトラ早い、持ち帰りは、未だかつて、経験したことがないほど、早いのだ。

マックでは、これを、モバイルオーダーと言い、カウンター上部の液晶画面に、「M○○」と、あなたの、注文NOが、表示される。

Mが、付くのは、モバイルオーダーと言う意味だ。

マックの商品お渡しがマッハになった理由

マックと言えば、これまで、ドライブスルーが、最速だった。

しかし、ドライブスルーは、音声不良やクーポンコードの聞き取りミスや、商品の誤渡し、割り込みなど、イライラも多く、早いようで、何かと時間が、かかっていた。

筆者の住む街にある、マックでも、週末のお昼時にもなると、ドライブスルー目当ての、車で、ごった返す。

整理のために、マックの店員さん達が、外に、やってくる。

2列に、分けて、それぞれ、何を注文するのかを、決めてもらうために、メニューを、お客様に渡すと言う光景。

これが、これまでの、マックの、週末の、お決まりの光景だった。

更に、ロケーションによっては、その時間帯には、車が、溢れる場合もあるため、警備員さんも、登場したりしていた。

それが、どうだろう。

やはり、スマホのチカラは、凄まじい。

1度、スマホでの仕組み同士が、繋がると、音速で、支払いまで、完了する。

財布もメニューも、何も必要ない。

必要なのは、スマホ1台あれば、家族全員分、全て完結だ。

もはや、ドライブスルーも、そろそろ必要なくなるし、無くなるだろう。

車で、並ぶ時間があれば、注文から、支払いまで終わってしまうのだから。

マックの店舗に近づくまてに、スマホのモバイルオーダーで、注文を済ませておけば、駐車場に車を停めて、店内に入れば、注文した商品が出来上がっている。

取りに行くたけだ。

タイミングよく、モバイルオーダーが、ハマれば、待ち時間0で、店に入った瞬間、商品が、受け取れる。

どんなに、混雑していようと、注文するタイミングさえ、合えば、店員さんの作業の中に入れるのだ。

マックが、安くなる日に、行列ができる光景も、今は昔、そんな、非効率な方法は、これからは、ナンセンスだ。

マックモバイルオーダーのまとめ

マックのモバイルオーダーが、どれだけ、便利なのかは、ご理解いただけただろうか。

筆者は、マックのアプリをしばらく使ってなかったが、ちょっと前までの、マックアプリと比べると、便利さが、天と地ほど違う。

その、背景には、マックのモバイルアプリで、簡単に注文できること、その注文が、通信手段を介して、最寄りのマックにオンラインで繋がり、オーダーがかかること、そして、誰もが、支払いできるだけの、決済手段が増えた事、特に、スマホ決済やLINE Payで、オンラインで支払えるようになったことにある。

今は、当たり前のようにできる、スマホ決済が、マックでも使えるようになったことが、何より利便性を高めた。

一時は、連続減益の負のスパイラルに陥ったマクドナルドだが、この、オンライン、モバイルオーダーで、息を吹き返したと言ってもいい。

顧客満足は、一気に回復したし、何よりストレスフリーで、商品を受け取れるのは、今の時代に、ジャストフィットする。

しかも、これは、私達、消費者にとっても、大いに利便性をもたらしてくれた。

マックで働く店員さんのストレス解消、消費者の店舗混雑による、イライラ解消、そして、マクドナルドの収益が、増加することで、ますます、マクドナルドは、美味しいハンバーガーを提供してくれるはずだ。

マクドナルドが、儲かれば、消費者にも恩恵が、跳ね返ってくる。

好循環のマクドナルドに、回復しつつある。

さあ、今週末も、みんな、スマホ片手に、マックを、楽しもう。

最新情報をチェック!
>
CTR IMG