人生最大の買い物を300万円で買う

人生で最大の買い物は、家か車か?

長い人生の中で、大きな買い物と言えば、家だと言う人が、多いかも知れない。

今や、人生100年時代と言われているが、本当に100歳まで生きていた時のことも、ほんの少しは、考えておいても、いいかも知れない。

みなさんは、何を想像するだろう。

やはり、1番多いのは、家で、中には、車と言う人もいるかも知れない。

車でも、高級車になれば、2,000万円、3,000万円と言う車は、たくさんある。

家、1軒分の高級車なら、家を買うのと遜色ない価格だが、本当に車が大好きで、家より車と言う人なら、30年のローンを組んで、欲しかった車を購入する人も、中には、いるかも知れないが、大半の人は、やはり、落ち着いて住める家のために、大金をかけて、長日間のローンを組まざるを得ないと言うのが、今の、日本の実態だろう。

そもそも、家を持家で、購入するためには、3,000万円程度は、覚悟しなければ、家を、建てることができない。

と言うのが、おおよその人の、家を建てるのに、必要なお金のイメージでは、ないだろうか。

恐らく、これくらいのイメージで、間違っていないだろう。

例えば、30年のローンを組む、これは、かなり、長い。

人生の、1/3を、毎月、ローンを払うイメージだ。

それが、普通だよね、と思って、人は、みな、覚悟して、大きなローンを組む。

さて、果たして、これが、まともな、人生設計なのだろうか。

日本人は、取り分け、人と同じ事や、中庸を好む。

だから、家の購入にも、相場を参考に、みんな、30年ローンだよね。

と、大きな買い物をする。

いかにも、日本的な、発想だが、世の中は、変化している。

インターネットの普及と、超デジタル化により、高精度で、リアルタイムに動画配信できるこの時代では、名医は、そこに居なくても、遠隔から、手術の指示を出し、神の手同然のオペができる時代だ。

長引くコロナ禍で、景気は低迷することは、明らかだし、ロシアの狂った迷走が、世界の生態系を確実に乱し、混乱の世の中になることは、ほぼ、確実で、事実、既に、私達の私生活に影響し始めている。

そう、世の中の変化に、順応しなければ、これまでの、常識だからは、もしかしたら、現代の非常識にも成りかねない。

高ければ、良い、安心だ、と言う時代は、とうに、終わっているような気がしてならない。

そういう、世の中の常識を覆し、挑戦を続けている、スタートアップ企業の、このところの躍進は、著しい。

そんな、スタートアップ企業を、今回は、みなさんに紹介したい。

もう、本当は、先が見えない途方もなく長い、30年間ものローンを、組む必要がなくなる時代が、すぐ、そこまで、やってきている。

「えっ、嘘!500万円で、家が建つの?」

30年の、地獄のローンを組む前に、まずは、この記事を、じっくりご覧いただきたい。

500万円なら、キャッシュでも、頑張れば、払える、そう、新築の戸建てが、現金で買える時代が、もう、そこまで、来ているのだ。

低コスト300万円で新築の戸建てを建てる

家のローンに、30年ローンを組む。

今の時代、同じ会社に、30年間、在籍できるかどうかも分からなくなってきたが、それでも、30年のローンを組むのは、それなりの覚悟がいる。

しかし、世の中の変化と共に、その時代の流れに沿うように、努力を重ねる企業も、多数ある。

しかし、戸建ての家を建てようとすると、少なくとも、やはり、3,000万円程度は、かかってしまう。

コスト、人件費、核家族化と言えど、4人家族なら、子供部屋が、2部屋と、みんなのくつろぐ、リビングにダイニング、キッチン!バス、トイレは、最低でも、必要だ。

家族とは、言え、プライベートは、しっかり守るとなれば、2階建てか、そうなれば、やはり、3,000万円程度のコストは、かかってしまうのだろう。

しかし、現金で払えるごく、一部の人を除いては、殆どが、長期ローンを組むことになるのが、現実の姿だが、さて、果たして、この、地獄のような、ローンを組んで、世の中のお父さん達は、果たして、幸せを感じているのだろうか。

家族4人が、中央値だとしても、あまりにも、過酷な人生を抱えることには、ならないだろうか。

最近では、見てくれは、どうでも良い、リノベーションされた、家屋も人気があるのは、このような、今の世相に、異論を唱える人が、増えてきた証とは言えないだれうか。

人の価値観は、実に、多様化してきた。

家の在り方も、人によって多角的に捉えられ始めたし、子供がいても、いつかは、巣立つと考えれば、広くなくたっていいじゃないか、そういう意見もある。

事実、今は、300万円〜500万円の範囲で、平屋だが、新築、戸建ての家を建てることは、可能な時代になった。

不思議と、熊本県に、その、夢を叶えてくれる、低コストハウスメーカーが、いくつか存在している。

その、筆頭が、ヒラキハウジングだ。

ヒラキハウジング

ヒラキハウジングの、「建つんです500」は、500万円で、リビング、洋間、和室、キッチン、バス、トイレが、標準装備された、低コスト平屋建てのパッケージだ。

本当に、500万円で、ここまで、できるのが、ヒラキハウジングの、建つんです500。

パッケージ化することで、生産コストを徹底的に削ぎ落としている。

だから、拘りのある家には、ならないが、その分、費用は、1/6程度まで、抑えられる。

例えば、子供たちが、巣立って、夫婦2人で、暮らすなら、何の不自由もない。

いや、むしろ、コンパクトで、固定資産税も抑えられるし、しかも、新築だ。

何も、言うことはない。

唯一、エリアが、熊本県に限定されてしまうから、居住エリアが、限定されるのが、非常に、残念だが・・・

同じく、熊本県を本社に置く、友建設。

友建設

こちらも、夢55の家と言う、平屋建ての、パッケージ戸建てがある。

ヒラキハウジングと、間取りは、ほぼ、同じで、550万円で、新築の戸建てが、建ってしまう。

どうだろう、いずれも、熊本県限定と言うのが、何とも惜しいが、熊本県の、建築業者が、実現できるなら、他県の建築業者でも、できないんだろうか。

そう、考えるは人は、少なくないだろう。

そう、できるのだ。

何も、熊本県だから、特別に、低コスト住宅が、出来る訳ではない、他県でも、低コスト住宅を提供している、建築業者があるから、その低コストハウスメーカーを紹介しよう。

こちらは、千葉県に本社を置く、御園建設の、楽ちん住宅。

楽ちん住宅

550万円から、施行できる。

楽ちん住宅と言うネーミングの通り、世の中の、お父さん方の強い味方になる。

550万円くらいなら、何となく、払える気がする。

このように、ハウスメーカーも、今の、世相にあった、コスパの良い、住宅を開発し始めた。

これは、何も、住宅に限った訳ではない。

大きな買い物から、日常の消費財に至るまで、低価格化は、どんどん、進んでいる。

これは、ちょっと考えれば分かることだが、よほど、画期的な新しい商品でない限り、物や商品には、サイクルと言うものが、必ずある。

導入期から、成長期、成熟期、衰退期、必ず、この、過程を辿る。

だから、いつまでも、高い物が、売れまくることは、ないのだ。

安くて、同じ水準、更に、高い水準を繰り返し、1商品は、洗練され、価格が、下がっていく。

物には、競争の原理が、必ず働くので、全ての物は、洗練され、低価格化されていく。

家も、例外ではない。

家なら、3,000万円、と言う定説も、世の中の発展と共に、低価格化が、急速に進んでいる。

そうでなければ、「売れない」からである。

日本もかつて、バブルな時代があったが、それは、一過性のもので、日本の企業の、給与体系を見れば分かるだろう。

毎年、年を重ねるごとに、給与が上がる時代は、終わっている。

だから、家を買うなら、3,000万円です、と言われても、みんながみんな、買えないのである。

しかし、そこに、光明を当ててくれるスタートアップ企業と言う頼もしいベンチャー企業は、いくつもある。

3Dプリンターが、世に出回って、しばらく経つが、この、3Dプリンターを使って、家を、24時間で、建てましょうと言う、頼もしい、ハウスメーカーが、現れた。

しかも、近い未来に、50㎡で、500万円を実現すると言うから、注目しない訳には、いかない。

セレンディクスの3Dプリンタを使って1日で作る家

セレンディクスは、これまた九州は、大分県に本社を置く、ハウスメーカーだ。

実は、九州には、500万円以下で、戸建てを建てる低コストハウスメーカーの激戦区で、たくさんのハウスメーカーが蠢いている。

これに、担を発して、全国的にも、ローコスト住宅は、今、何かと話題である。

なぜ、何かと話題なのかと言うと、言うまでもないが、世の中が、激変しているからだ。

コロナが及ぼす影響や、ロシア戦争が、外交のバランスを崩すことは、間違いない。

その結果、消費者の生活は、ますます、苦しくなる。

事実、輸入に頼っている食品は、軒並み値上げの連続である。

だから、これまでの常識と言われてきた、さまざまな事を変えていかないと、みんな、立ち行かなくなる。

その、代表格が、「家」、言っていいだろう。

多くの人にとっての、人生最大の買い物になるから、この常識を貫こうとしても、多くの人が
、このままの情勢が続くと、断念せざるを得なくなる。

しかし、そこに、割って入ってきた救世主が
、セレンディクスと言う訳だ。

実際に、土地さえあれば、500万円あれば、新築戸建ての家を建てるのは、そう、珍しい時代ではなくなった。

しかも、セレンディクスの場合は、数日あれば、家が建つ。

信じられないが、既に、商用化が始まった。

しかし、これら、九州を本社を置く低コスト住宅の大半は、九州エリア限定の企業が、大半だ。

だから、自ずと、選択肢が、少なくなっていくが、それでも、世の中は、低コスト住宅化が、始まっていると言えるだろう。

セレンディクスは、地方限定ではない。

全国区だ。

プリンターで、家を創るのだから、場所は、問わない。

素晴らしい、発想だし、多いに期待が、持てる。

これから、「家」を、と考える時は、これらの低コストハウスメーカーも、対象にして、検討してみては、いかがだろうか。

最新情報をチェック!
>
CTR IMG