カープのクライマックス進出は、あるのか?

カープのクライマックスへの進出の鍵は投手陣・・・

カープの今の好調要因、不調要因が、具体的にズバリ!まるわかり!課題解決で、クライマックス進出だ!

今年のカープは、鈴木誠也が、抜けたものの、それが、原動力となり、誠也がいなくても、「やっちゃろうや!」が、結果に出始めてきた。

打線も、連続ヒットが増えてきたから、打線は、これから、昇り調子になるだろう。

問題は、投手陣だ。

大瀬良、九里が、振るわない。

と言うより、もう少し、学習して、自分が、先発投手が、当たり前だと思わないように、自覚しなければ、打線が援護しても、大量失点してしまっては、意味がない。

この、両名、とにかく、自意識過剰なのか、テレビ画面から、伺える。

どう言う、ところが、自意識かと言うと、「自分は、先発に相応しいピッチャーだ」と思っていることだ。

打たれても、冷静なフリをしている。

もう、少し、実寸大の自分を見つめて欲しい。

分かりやすく言うと、筆者でも、打てそうな気がする。

それは、マズいでしょ。

思い切って、先発ローテをいじってみても、いい頃。

間違わないように、これは、「叱咤激励」だ。

非難ではない。

もっと、闘争心を剥き出しにして、向かって欲しい。

オーラが出てないと言うことは、内面が、燃えてないと言うこと。

一方、燃え滾るオーラを発しているのは、上本だ。

小さくまとまっていては、ダメだ。

心、燃やして欲しい。

野村が、故障で、戦線離脱しているが、前回登坂は、悪くなかった。

つい、最近も、登坂したが、内容は、1失点で、良かったから、野村を多投した方がいい。

大瀬良、九里が、もう少し、ピリッとしたら、もっと楽なはずだ。

若手を、どんどん使っていけばいいのだが。

そういう事に、無頓着なのか、意識がないのか、投手上がりの、リーダーは、しっかりと、元ピッチャーの利を、活かすこにとに、注力すべきだ。

この人。

とにかく、クライマックスも、2位と3位では、雲泥の差だから、ピッチャー陣の奮起を期待する。

ターリーなんかを、中継ぎ登坂で、出している場合ではない。

結局のところ、ゲームを作るのは、ピッチャーなんだが、これが、分かっていないようだ。

森下は、がんばっている。

若い森下が、苦しみながらもがんばって気迫を見せている、7月9日の中日戦は、正に、ピッチャー森下の、奮闘が、打撃陣を、奮い立たせ、命水を与えている、典型的な試合だ。

前回登坂も、僅差を凌ぎ、最後、大勝に繋がった。

そういう、ところ、勝ちに拘る姿勢を両氏には、見習って欲しい。

若い、ベテラン関係ない。

関連記事

あのJALのCMにカープの選手が起用されているカープファンが、全国で急増している。アウェイのどのスタジアムでも、一定数のカープファンで、スタジアムが埋め尽くされる。その理由がズバリわかる。広島県人だから、分かる、独特の雰囲気に、酔いしれ[…]

 

森下 暢仁のどうしても勝ちたいと言う強い想い

森下 暢仁が、昨年のシーズンオフの際、インタビューを受けていたその、内容の中に、印象的な、言葉があった。

「とにかく、勝ちたい、それだけです」。

来年の抱負は?

と、言う、質問に、ただ、それだけ、短く答えた。

森下 暢仁は、ルーキーだが、ハートが熱い。

そして、精一杯のピッチングで、どうすれば、ピンチを凌げるのかと言うことに、常に向き合っている。

ベテラン勢は、見習って欲しい。

過大評価と言われるかも知れないが、ベテランピッチャー達は、「何で、オレの球が打たれるんだ」と、言わんばかりの表情。

誰とは、言わないが、悔しいなら悔しさを、表にさらけ出して、悔しがって欲しいものだ。

だから、勝てないのだろう。

いずれにしても、野村を早く、先発ローテに入れて、大胆なローテ変更もした方が、いいようだ。

大瀬良、九里は、登坂回数を減らすべき。

負けが、増える。

ベテランピッチャー達は、是非、試合に、向き合う姿勢を、見直して欲しい。

それにしても、カープの若いメンバー達は、気持ちがいい。

チャンスが与えられることは、いい事だが、チャンスを、活かせないようなら、それは、プロフェッショナルとは言えない。

だから、ベテランであっても、結果が出ない選手は、下げるべきだ。

何時までも、打つのを待っている事と、チャンスを与えることは、違う。

元投手の監督なんだから、もっと鋭くピッチャーを、評価するべきだろう。

いずれにしても、カープは、森下 暢仁が、スタンダードな投手になるだろう。

不思議と森下 暢仁が、先発する試合は、1点を、争う試合が、比較的多い。

何故か。

それは、森下 暢仁が、踏ん張って、点を与えないからだ。

その、踏ん張りが、選手に伝わり、バッティングの好循環を生んでいる。

だから、白星が付く。

野球とは、そういうものだ。

クライマックスも、見えてきて、2位までの射程距離に入ってきた。

ここからが、勝負だ。

関連記事

日南市立油津中学校のカープ愛宮崎市は、日南市にある、日南市立油津(あぶららづ)中学校。毎年、油津中学校では、修学旅行で、広島カープの試合を観戦すると言うプログラムが組まれているようです。日南市と言えば、広島カープのキャンプ地として[…]

 

カープ坊やの進化とカーチカチ

カープ女子や、首都圏のカープ信者は、どんどん増えている。

そして、地元では、カープグッズの売り上げが、止まらない。

キーになるのは、「赤」だ。

女子のカープファンが増えているのは、赤をベースにした、応援ユニフォームが、女子なら、誰でも、自宅から、スタジアムまで、着た状態で出かけても、なんだか、おしゃれに見える。

あとは、ドシドシ、カープの面白グッズも、絶賛、発売されているので、紹介する。

そして、地元、広島の人は、知ってる人も多いが、スマホ公式アプリも、とても、便利。

カーチカチ!

そちらが気になる人は、是非、下記の記事も、合わせて読んでいただきたい。

関連記事

カーチカチは、カープファンのための無料アプリカープの本拠地、広島。広島の地方テレビ局、TBS系のRCCテレビが、開発した、カープオリジナル公認アプリの存在をご存じだろうか?地元民に愛される続けるカープの魅力が、満載の専用アプリを全国で。[…]

 

 

◆カープ坊やバリエーション

◆カープ坊やコラボ

◆カープ坊や高校野球

◆カープグッズ オンライン

 

関連記事

カーチカチは、カープファンのための無料アプリカープの本拠地、広島。広島の地方テレビ局、TBS系のRCCテレビが、開発した、カープオリジナル公認アプリの存在をご存じだろうか?地元民に愛される続けるカープの魅力が、満載の専用アプリを全国で。[…]

 

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログへ
にほんブログ村

雑学・豆知識ランキング

最新情報をチェック!
>
CTR IMG