100均の乾電池は安かろう持ちが短かろうの落とし穴

乾電池買うなら100均だよねの落とし穴

何かと、重宝するものがたくさんある、100均、確かに最近、100円で、ここまでできるの?

驚くような、商品も多数ある。

そんな中、みなさんは、乾電池は、どこで買っているだろうか。

「乾電池なら、100均でしょ」

そうだ、筆者も、これまで、乾電池と言えば、必ず、100均で購入していた。

例えば、最近、需要の高い、単4乾電池、以前は、単3乾電池が、スタンダードだったが、今は、断然、単4乾電池を使う、家電品が増えた。

そこで、100均に走り、単4乾電池を探す。

単4乾電池だけでも、種類が豊富で、普通の乾電池もあれば、アルカリ乾電池まである。

そして、その単4乾電池の数だが、多いものだと、8本が、100円のものまである。

驚きだ。

1本20円しないなんて、鬼安い。

迷わず、筆者は、8本入りの、単4乾電池を選ぶ、質より量だ。

最近では、テレビ、DVD、照明など、殆ど単4電池だ。

あとは、調理器具や、筆者の場合、出張用の髭剃りも、単4電池を使っている。

そして、この、出張用で購入した、panasonicのポータブル乾電池を使っている時に、驚愕の事実を目の当たりにした。

panasonic ES-RS10乾電池式髭剃りの電池持ち

panasonic ES-RS10乾電池式髭剃りは、主張用として購入した。

たまたま、ネットでみていたら、この、panasonic ES-RS10が、紹介されていて、今時の主流に逆行するような、何と、 1枚刄式なのだ。

しかし、1枚刃にも驚いたが、何と紛れもないpanasonic性なのに、価格が、1,000円ぽっきりなのだ。

まあ、1,000円なら、いいやと思い購入した、panasonic ES-RS10だが、1枚刃のくせに、意外と、綺麗に剃れるのだ。

大きさは、 この通り、8㎝四方程度で、厚さも、1.5㎝程度だから、ズボンのポケットにでも入る。

髭剃りと言えば、BRAUNやフィリップスなどが、メジャーで、4枚刃とか5枚刃とか、どんどん進化していっている。

しかし、それだけ、パワフルで、ハイスペックとなると、やはり、大きくなる。

所謂、今、主流のこういうデザインだ。

これは、ハイスペックだから、仕方のないことだが、やっぱり大きいし、持ち歩くには、かさばる大きさだ。

だから、筆者は、今回、panasonic製でありながら、たったの1,000円ぽっきりの、1枚刃シェーバーを購入した。

難点は、充電式でないことと、非防水だ。

確かに、今時を逆行している。

だが、妙に愛おしい。

従って、単4電池を、しこたま、100均で購入したのだ。

さて、と、単4乾電池を2個セットして、爽快に、髭を剃っていたのだが・・・

「えっ、もう、ないの」

筆者の髭剃り時間は、平均5分程度だ。

口髭、 顎髭、首髭、もう1度、全体の剃り残し確認。

「えっ」

100均の乾電池の持ち時間にひっくり返る

その、panasonicの電池式髭剃りは、単4電池を2本使うのだが、100均の単4乾電池だと、3回くらい使うと、電池切れになってしまう。

3回だと、1回に5分だから、15分だ。

そうだな、やっぱり、これだけ、乾電池を量産してるんだから、そりゃあ、当たりハズレを、責めてはいけない。

8本100円なんだから、そりゃ、今回は、たまたま、ハズレだったんだろうと、次の、乾電池に即、 チェンジ。

それでも、まだ、4本ある。

楽勝だ。

しかーし、2度目の電池交換でも、やはり、3回程度使うと、ノロノロ運転になってしまう。

あたりハズレの問題ではなくなってきた。

しかし、この、panasonic ES-RS10は、1枚刃だけど、消音だし、スムーズだし、使い勝手が、大変、よろしい。

だから、毎回、乾電池を、使ってでも、panasonic ES-RS10は、使いたい。

因みに、100均で購入した乾電池は、本数勝負で買ったから、アルカリ乾電池ではない。

むかしながらの、普通の乾電池、所謂、長持ちタイプじゃないやつ。

で、いろいろ、乾電池のことを考えた挙句、毎回、乾電池を買うのは、結局、浪費が多い事に気付いた。

ましてや、100均の乾電池だと、安いと思って、毎回、無くなる度に、100均で、買ってたら、逆に高くつくことになることに、気付いた。

テレビやDVDなどのリモコンなら、そこまて浪費しないだろうが、例えば、最近流行りの、スイーツ作りに欠かせない、ハンドミキサーや、カプチーノミキサー、これらは、ヤバいと思う。

冷静に考えよう、100円で利益を出すんだ、しかも8本で。

それゃあ、そうなる、みなさん、これは、 納得しよう、使うものによっては、長持ちするので。

で、思いついたのが、充電式乾電池だ。

こういう時は、 迷わずAmazonだ。

EBLの充電式乾電池単3単4同時充電可能が抜群にいい

Amazonは、こういう商品を探したら、いくらでも、見たことないような、商品が出てくる。

この、EBL、もちろん、知らないメーカーだ。

しかし、見てほしい。

充電器のコンセントは、日本仕様、しかも、単3電池4本、単4電池4本が、何と、同時に、充電できる。

2個乾電池を使って、 もし、なくなってしまっても、代替え準備万端だ。

こういう、消費者目線が大切。

これなら、1回購入したら、2度と乾電池を購入しなくていい。

しかも、価格は、充電用乾電池8本込みで、3,299円だ。

100均で、8本の単4電池を、panasonicES-RS10で使って、1時間使うと乾電池は、全てなくなる。

1日、5分、3回使ったら電池切れと言うことは、8本だと、12回使える。

髭は、基本、毎日、剃るから、3,300円分、つまり、240本買っても、120回×3回=360日、240本買っても、1年でなくなってしまう。

それでも、自転車操業を続けるのか。?

一方の、Amazonの、EBLなら、3,299円で、無限大だ。

しかも、panasonicES-RS10以外にも、基本、乾電池2個セットで、他にも、3機種に使える。

この、panasonic ES-RS10に限って言えば、断然、EBLのもんでしょう。

もう、 かれこれ、30回は、使っているけど、ブンブン回転している。

やはり、100均も商売なので、乾電池は特に、採算を取るために、どうしても、持続性に限界があると言わざるを得ないだろう。

しかし、その他のもので、半永久的に使えるものも沢山あるし、100円とは、思えないようなクオリティの商品も多い。

筆者が、100均で重宝しているのは、ゴミ袋、洗剤、キッチン用品など、 これらは、断然、 100均だ。

あと、 最近、気を付けないといけないのは、ウェットティッシュだ。

100均だと、1袋、110円で、3袋買うと330円、ドラッグストアなどが、隣接している100均だと、ドラッグストアで、3袋入りで、 248円などのディスカウントしている、ウェットティッシュがある。

こうなると、100均のほうが、損になる。

だから、購入する商品によって、どこで、買うのがいいか、見極める必要はあるだろう。

筆者も、乾電池では、あの、8本入りが、世界で1番安いと思い込んでいたから、冷静に考えよう。



「審査、全部落ちでも、 事故があっても大丈夫!」特に、「いつも」は、 LINEで、音速審査、音速融資、全国貸金業協会会員の優良消費者金融です、その他も多数ありますので、安心して資金調達、心に余裕を。

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG