人は 話し方が9割の何がベストセラーにまでしたのか

人は 話し方が9割は、なぜ、こんなにヒットしたのか

今年の日本で、1番売れた著書は、「人は話し方が9割」だ。

では、何故、この、人は話し方が9割たる著書が、日本で、1番売れたのだろう。

著者の、永松茂久さんは、現在、47歳だが、芥川賞受賞者でもなければ、考古学者でもない。

しかし、かなりのイケメンだ。

容姿は、著書の出来栄えに、関係ないが・・・

所謂、有名作家を目指していた訳ではない人だ。

ベストセラーになった本だから、読んでみようと考える人は、多いと思うが、それが、人を呼び、口コミが広がり、ベストセラーに行き着いたことは、容易に想像できるが、その前に、永松茂久さんが、一体、どんな人なのかを知る事の方が、私たちの、私生活に、大いにヒントを与えてくれそうだ。

だって、血眼になって、執筆しても、メジャーな賞を取るのは、なかなか、容易ではない。

それなのに、意図も簡単に、ベストセラー作家になった人なんだから、一体、どんな人なんだろうと、思わないだろうか。

筆者はまず、永松茂久さんの生い立ちから、学んでみることにした。

多分、みなさんも、ベストセラーになったから、と言う観点よりも、永松茂久さんの、過去の経験として何をやってきたかを知るほうが、より、有益な情報になるはずだから、この記事にも、是非、興味を持って読んで欲しい。

何故なら、ローマは、1日してならずで、永松茂久さんの過去の行って来た事が、ベースとなり、今の結果がある訳だから、しっかりとポイントを抑えることで、これからの生活に活かせそうだ。

1つ言えることは、今年こそは、芥川賞と毎日、毎日、本を書くことだけに集中しなくても、日本では、瞬く間に、ベストセラー作家になれると言うこと。

これは、永松茂久さんが、証明してくれた。

さて、永松茂久さんの、第1の波は、26歳の頃、たこ焼き屋で、日商25万を売り上げる、たこ焼き屋として、時の人となった。

たこ焼き屋で、1日、25万円を売り上げる。

確かに。

高く見積もって、1パック600円としても、416パックほど、売らないと、25万円には、到達しない。

これは、ミラクルだ。

多分、営業開始から、閉店まで、焼き続けないと、物理的にも無理だし、果てしないと言うか、途中で、気絶しそうだ。

ここには、たこ焼きそのものが、ウマいと言うこともあるだろうが、毎日、25万円前後の売り上げがあったとしたら、やはり、お客さんへの話し方なんかが、特徴的だったのだろう。

冷静に考えて、そんなに、毎日、毎日、たこ焼きを買わないだろう。

だが、永松さんは、それを、やってのけたのだ。

鉄板のスペシャルトークがあったに違いない。

人は 話し方が9割 口コミで広がった日商25万のたこ焼き屋

人の話し方が9割は、たこ焼き屋から、始まっていることが、分かった。

どうだろう、やはり、経歴は、大切だ。

その人が、どのような経歴を経て、ベストセラー作家になったのか。

ただ、ベストセラーだから、読んでみよって、言う発想もいいが、永松茂久さんが、前もって、たこ焼き屋で、時の人になったことがあることを、知っていた人は、どれくらいいただろうか。

ますます、どんな人だって、ベストセラー作家になれそうな気にはならないだろうか。

この、たこ焼き屋以外にも、永松さんは、ダイニングキッチン、「陽なた屋」、「大名陽な家」や、「陽なた家茂虎」、「博多屋台 幸龍」、など、次々に、口コミで、全国にその名を轟かせていったのだ。

たこ焼き屋から 始まり、ダイニングキッチンを次々と、全国区店舗にのし上げた、とても、作家業とは、かけ離れた経歴の持ち主である。

鉛筆ダコだらけの、もやし作家ではない。

しかし、いずれのダイニングキッチンも、とにかく、覚えにくいし、読みにくい。

陽なた屋くらいである、まともに読めるのは。

これらの、ダイニングキッチンだが、いずれも、スタッフについては、一流のスタッフをよりすぐった訳ではなく、今いるスタッフを、一流へと、導いたと言われている。

話し方が9割の、エッセンスの匂いが、プンプンする。

飲食店は、まずは、お客様への、ホスピタリティ溢れる接客が、鉄則だが、正に、誰でもできる接客を、誰にも真似できないくらい、落とし込んでいったのだろう。

かく言う筆者も、会社員ながら、営業歴30年の経験があり、いかに、相手に好きになってもらえるかで、勝負は決まるものだと、断言できる。

話し方が9割と言う、論調に賛成だ。

それを感じたのは、入社した年の、初めて訪問した、ある、世界的トップブランドのカーディーラーで、いきなり、スカウトされた時に、そう、実感した。

何と、その、トヨタのカーディーラーの店長に、「うちに来ないか」と、いきなり、ハウンティングされてしまったのだ。

「な、な、何でまた、今日、お会いしたばかりですが・・・」

「いや、あんたなら、トップセールスになれるよ、どお?」

丁重にお断りしたが、後で、営業の人に聞いてみると、「相手に与える印象」が良かったらしい。

そうか、そうだよなー、殆ど、会話してないし、挨拶しただけなのに・・・

だから、その、つまり、そういうもんなんですなあ。

人は 話し方が9割 リモート社会だからこその炎上

人は話し方が9割は、タイトルが、とても分かりやすい。

ダイニングキッチンとは、大違いだが。

や、それにしても、タイトルで、話し方で、ほぼ決まるんだ・・・と分かる。

それには、永松さんの培ってきた、ノウハウは、勿論あるが、コロナがもたらした、ビジネスの在り方の変化も、追い風となっている。

そう、これからのビジネスは、リアルビジネスとバーチャル、所謂、ハイブリッドが主流になる。

だから、話し方が、重要だと言うことだ。

リモートで、取引先とやり取りする際に、些細な間や、無言の空間、漂う空気と言うのは、リアルビジネスより実は、伝わり安い。

あなたが、リモートちょっと苦手と思っていたら、それが、相手には、伝わってしまうのだ。

初対面なら尚の事、相手に好感を持ってもらわないことには、リモートでの商談は、まず、成立しないし、円滑なコミュニケーションは、取れない。

だから、そういう、みんなが、どうやったら、リモートで、好感を持って貰えるか悩んでいる最中での、人は話し方が9割の出版は、みんなが、待ち望んでいたものだった。

人は話し方が9割は、これからも、ビジネスシーンで活用されていくだろう。

リアルで、商談する時以上に、ニュアンスが伝わりやすい、リモートでの話し方は、ちょっとした苦手意識や、リモートが故の緊張感の緩みが、相手に伝わる、そう、思っておいて、間違いない。

人は 話し方が9割を無料で読むamazon流テク

人は話し方が9割は、リアル書店で購入すると、1,540円、Amazon kindleなら、1,386円で、購入できる。

出版は、すばる舎。

プライム会員の方も多いと思うが、kindleなら、電子書籍になる。

もう1つ、実は、人は話し方が9割を無料で、拝聴する方法がある。

本をよむのが苦手な方、そして、何より、人は話し方が9割を無料で読めないかなと思っている人に持ってこいの方法だ。

Amazon Audibleなら、30日間無料で、Audibleが聴ける。

そう、読むのではなく、聴くのだ。

しかも、無料で。

ここまで、ベストセラーになってしまうと、ディスカウントはまず、ない。

いや、基本的に、本に値引きはない。

しかし、人は話し方が9割を、 無料で聴く方法はある。

プライム会員の方は、参考までに、どうしても、無料で、 内容を知りたいなら、Audibleをオススメする。

人は 話し方が9割も口コミから始まったのか

人は話し方が9割は、口コミから始まったベストセラーだ。

何でもそうだが、メジャーになる時に、人から人への口コミほど、波及効果があるものはない。

一昔前までは、ちわ話が、伝染し、人から人へと伝わり、やがて、流行となっていった。

しかし、今は、人の口コミは、SNSを通じて、一夜にして、日本中に、伝わるようになった。

SNSによる青少年の被害や、誹謗中傷などの負のスパイラルもあるが、人にとって良いことも、SNSと言う口コミで、スピードマッハで、伝染する。

この、人は話し方が9割も、同様、インフルエンサーと言われる人達が、この有益な情報を一度握ったら、またたく間で、ベストセラーになった。

そして、口コミの信憑性も、広がるものは、基本的に、信憑性が高い。

中には、広がりを目的として、意図的なものも、あるが、本当にいいものは、長く広まる。

それは、今も昔も変わらない。

どうでもいい、営利目的だけの情報は、希薄で薄っぺらいものだ。

人は 話し方が9割 はとんでもなくスゴい内容か

人は話し方が9割は、そのタイトル通り、話し方で、結果が大いに変わると言うことを分かりやすく、解説した著書だが、これは、画期的発見かと言うと、そうでもない。

リモートが中心の世の中だから、就活もリモートが当たり前の世の中だからこそ、人の心に響いた。

世の中の在り方が変わっても、人の判断は、狂わない。

どれだけ、世の中が変わっても、人は、人のことをよく見ている。

そして、面接でも、商談でも、気になる人を口説く時も、その話し方は、その人のオリジナリティに他ならないし、 話し方次第で、その結果は、天と地ほど変わると言うことに、気付かせてくれる。

この、オリジナリティが、スタンダードに備わっていない日本人だからこそ、永松さんの、著書は、人を惹きつけた。

筆者などのような年齢になると、この、人は話し方が9割は、殊更、初めて聴いたような驚きはない。

あたり前のことが、あたり前に、気持ちを込めて、できていますか?

そういう事だ。

しかし、 現実は、あたり前のことを、あたり前にできないから、戦争が起き、事件、事故や不正が、毎日、起こっている。

そして、何より、話し方次第で、相手の印象は、大きく変わり、結果もそれに紐付いて変わると言う事だ。

話し方が丁寧だと、相手には好印象に伝わる、言ってみれば、思い通りのことが相手には、伝わるから、思いを、正確に伝えるには、 どのように話せばいいのかを解説してくれているバイブルだ。

世の中が、 どんなに変わろうと、人の心を動かすのは、 人の心でしかない、そういうことを改めて私達に、教えてくれる教則本が、人は話し方が9割だ。

最新情報をチェック!
>
CTR IMG