ZARA 香水 6.0クラシックはランク外で希少だけど極上

ZARA メンズ 香水 6.0クラシックは誰ともかぶらない

ZARAの香水が、何やら、学生の間で、賑わっているようだ。

ZARAと言えば、一目で、海外製品と分かる、プロモーションで、筆者は、好きだ。

しかし、広島では、残念ながら、2店舗あった店舗の内、1店舗が、閉店した。

広島の中でも、街のど真ん中に、店舗を構えていた、ZARA広島店の閉店は、個人的に、非常に残念。

広島で、残るは、ZARAイオンモール広島府中の中の、インショップのみ。

オンラインショップの方が、収益性が高いのか、路面店の家賃が高いのか、どちらかだろう。

そんな中だが、以前、ZARAに行った時、気になっていた商品があったので、ZARAイオンモール広島府中店まで、足を延ばした。

気になっていたのは、ZARAの香水だ。

最近、香水をつける人は、少なくなった。

柔軟剤の台頭で、洗いたての、爽やかな香りが、このところ、日本では、人気だからだろう。

しかし、香水は、香水で、柔軟剤には無い、色気ある香りに、「香水」という、カテゴリーの特徴がある。

ZARAの生産国は、スペイン

ZARAは、MADE INスペインだ。

今時は、海外メーカーでも、自国ではなく、物価が安い、東南アジア諸国で、生産されている商品も少なくないが、ZARAの場合は、正真正銘、MADE INスペイン。

ZARAは、1975年に、スペインの、ア・コルーニャで、生まれた。

筆者は、ZARAのプロモーションを見た時、アメリカのブランドだと、勘違いしていた。

ZARAは、正しくは、スペインだ。

カッコいいじゃないか。

アメリカは、どうも、大味な感じがして、敬遠しがちだが、スペインなら、何かおしゃれな雰囲気が漂う。

ラ・コルーニャはスペイン北部のガリシア州の街で、大西洋に面した港町だ。

有名なのは、コルーニャ旧市街中心部にあるマリアピタ広場、美しい。

こういった、古き良き街並みも残しながら、景観を守っているというのも、好感が持てる。

美しい景観を保ちながら、現代風の街並みも、見逃せない。

ガラス張りの、近代的な街並みも、併存し、ガラスの街とも、言われているそうだ。

いかん、これでは、旅先案内人になってしまう。

ZARAの香水に関するレビューをするつもりだったのだが。

あと、スペインは、フラメンコの発祥地でもある。

アンダルシア地方で、始まったフラメンコは、情熱的な事でも、有名だ。

いかん、ZARAの香水だ。

しかし、国の特徴を知ることは、とても大切で、どんな、DNAを持つ人が、作るかで、香水の香りや特性も変わってくる。

繊細で且つ、情熱的な国、スペイン。

最近、ZARAの香水が、女子高生の間の、SNSで、話題になっているのも、頷けるような気がする。

ZARAの、香水は、「情熱的」な香りがする。

筆者が、ZARA イオンモール広島府中店で、そこに、20種類ほどあったの香水の香りを、嗅いで、3周ほど、3時間かけて、「こるれだ」と、決めたのは、ZARA 60クラシックオードトワレ(スペイン製)だ。

ZARAの香水の事を、ランキングや口コミで、綴った記事を、多く見かけるが、残念ながら、筆者の、記事は、そんな、テイストの内容ではないから、あしからず。

そして、筆者が、3時間かけて、選んだ、ZARAの60クラシックオードトワレは、どのランキング記事にも、ランクインされていなかった。

たった香水1つに、3時間もかけて、1つを選んだのに、ランクインされてないとは、どれだけ、労力をかけたことか。

一体、誰が決めた、ランキングやねん!

まあ、いい、それくらい、ZARAの香水には、若者を引き込む魔力がある。

ZARAの香水が女子高生にウケるワケ

筆者は、メンズだから、女性ものの、香水の香りは、嗅いでいない。

ZARA イオンモール広島府中店の、ZARAは、メンズコーナーと、レディースコーナーが、明確に別れている。

そんなところで、レディースの香水を、男1人で、何度も嗅いでいたら、捕まってしまう。

だから、と言う事ではないが、レディース用の香水は、どんな香りなのかは、知らないが、メンズ用香水は、全て嗅いだから、おおよその検討はつく。

口コミを見ていると、女子高生のSNSで、ZARAの香水が人気と、言うキーワードが目に止まる。

それだけ、記事にされているのだろう。

しかし、火のない所に煙は立たないと言うから、まんざら、トラップでもないだろう。

なぜ、ZARAの香水が、女子高生の間で人気なのか。

まずは、女子高生にも、届く価格帯になっている。

3,000円前後〜6,000円前後と言ったところだろう。

ディスカウントさらていれば、もっと、安い。

そして、ZARAの香水が、女子高生に、人気がある最大の、理由は、「香りの良さ」だ。

このところ、日本では、香水よりも、柔軟剤が、ブームで、ほのかなフレグランスが、圧倒的に人気かあった。

しかし、ここにきて、女子高生のZARA人気。

やはり、情報の国、スペインが製る、香水は、ちょっと違った。

香水は、時間と共に、香りが、変化する。

また、香水をつける部位によっても、汗と混じることで、香りが、良くもなり、場合によっては、悪く(諄い)もなる。

では、香りからいこう。

ZARAののメンズ・レディース香水の香り

香りを言葉で、表現するのは、なかなか難しいが、一言で言うと、「フルーツ」のエッセンスを多分に、配合させて、製られている。

女子高生に、人気が出るのも分かるような気がする。

ZARAのレディースの場合、公式ページでは、香水と言う、表現はしていない。

Perfumeと言うカテゴリで、紹介されているところも、気が使われている。

実際に、ZARAの店舗で、女性用のPerfumeの香りを嗅いだ訳ではないが、ZARAのメンズ、レディースの香水には、多分に、フルーツの、香りが、配合されている。

それは、ZARAの、公式ページを見れば、随所に、フルーツ名の記載が目につくことで、容易に分かる。

これが、ZARAの、香水の惹き付けられる所なのかも知れない。

確かに、筆者が購入した、ZARA 60クラシックオードトワレにも、「洋なし」の香りが、配合されている。

レディース用にも、フルーツの香りが、ふんだんに使われている。

1つには、他の香水ブランドとは、異なるエッセンスがあることが、分かる。

更に、ZARAの香水の香りの大きな特徴は、安物感の香りがしないことだ。

価格は、リーズナブルでいて、かと言って、安い香りは、微塵もない。

コスパが、半端なくいい。

例えば、ブルガリやシャネルなどの、超メジャーブランドの香りが、特段に優れているかと言うと、必ずしも、そうではない。

また、ZARAの口コミランキングなどの、信憑性も、定かでは無いだろう。

いくつか、ランキングのコメントを見てみたが、通り一変の事しか書いていないから、注意が、必要だ。

あと、ZARAの香水は、柔らかなテイストで、安心感のある香りに、仕上げられている。

かと言って、柑橘系の香りも、仄かに香り、時間が経過しても、飽きが来ないのも、特徴。

コスパが良くて、香りは、決して、安っぽくなくて重厚感(色気)さえあり、且つ、飽きが来ないと言う、ここ、最近にない、完成度の高い、フレグランスだ。

いずれにしても、ZARAの香水は、香水の本来の目的である、香り重視の本格的な香水群だ。

ZARA ZARA 6.0クラシックオードトワレ100m

筆者は、迷いに迷ったあげく、ZARAの、6.0クラシックオードトワレ100mを購入した。

店頭には、約20種類程度の香水が、ラインナップされていた。

まずは、1通り、全ての香りを、嗅いだ。

そして、直感的に気になる、香水をいくつか、セレクトし、しばらく、鼻を休めて、再び、選んだ、いくつかの香水の香りを嗅いでみる。

更に、候補を絞り込み、もう1度、時間を置く。

筆者は、香水を購入する時は、必ず、最低でも、3回は、「これで、間違いないか」を繰り返すことにしている。

みなさんも、はじめは、「いい」と思っていた香りが、次に嗅いだら、そうでもなかった、と言うことは、ないだろうか。

筆者は、よくある。

最悪なのは、家に帰った後で、買った香水を開けて、嗅いで見ると、「あれ、らこれじゃなかった」と言う時だ。

本当に自分の探している香水を、違いなく購入する極意を、伝授しよう。

  • 口コミを鵜呑みにしない
  • 色に惑わせられない
  • 価格に惑わせられない
  • 1度で決めない

こんなところだ。

数分違うだけで、好きな香りが変わることだってあるくらいだから、香水選びは、慎重に。

案外、失敗するのが、香水だから、何度も確認して、自分好みの香水を選ぼう。

とりわけ、ZARAの香水は、充分、メジャーブランドに、引けを取らない。

最新情報をチェック!
>
CTR IMG