ローカル職人のこだわり希少の一品

こだわりの一品、探しものはローカルで見つける

こだわり・・・・って、ある?

こだわりの一品、逸品とも言うが、衣類やインテリア、雑貨、時計、アクセサリーなど、みなさんも、それぞれがこだわっているものがあるだろう。

こだわりの一品を探すのに、まず、思い付くのは、都市部に行けば、同じ業種でも、たくさんの同業者があるから、真っ先に思い付くのではないだろうか。

一昔前までは、確かに、街中に行けば、例えば、東京や大阪なら、探し物は、大抵見つかっていただろう。

それは、今の社会でも、同じことが言えるが、おうち時間が増えたことで、世の中の動きが、おうち中心になってきている。

そう、今時は、スマホが生活の中心だ。

理由は、言わずもがな、コロナのステージは、第6派から、7派へと、そして、変異株は、どこまで、続くのか、それは、誰にも分からない。

必ず、終わりがあることを願いながら、辛抱強く、バランスを崩さぬよう、暮らしていきたいものだ。

そして、おうち時間が増えたことで、新たな大きな変化が生じてきた。

仕事も私生活も、制限され、これまでとは、異なる生活は窮屈だが、それなら、それで、快適におうち時間を楽しむ方法を工夫しながら、生活したいものだ。

また、それが、できるのが、「人間の知恵」だから、ポジティブに捉え、これからの社会を、生き抜こうじゃないか。

さて、世の中は、どんどん変貌している。

生活様式が、ガラリと変わってきていて、話題の中心も、大都市型から、ローカルへと広がりを見せているのである。

何も、東京に出て行くことだけが、時代の最先端ではなくなってきていて、また、時代の最先端だけが、価値があるという概念も、変化してきている。

おうち時間が増えるとウクレレが売れまくるワケ

おうち時間が、増えると言うことは、当たり前だが、家の中で、何かできることを探すと言うことを大抵の人は、考える。

ウクレレと言う楽器があるが、今、ウクレレが、飛ぶように売れているそうだ。

ウクレレは、アコースティックギターの小さい版のような弦楽器だ。

よく、ハワイで、演奏されている光景を良く耳にする。

ハワイで多く演奏されていることから、想像できるが、穏やかな音色が特徴の弦楽器。

有名なところでは、ザ・ドリフターズの高木ブーさんや、サザンオールスターズの関口和之さんが、思い浮かぶ。

何でも、ウクレレは、製作するのに、100以上の工程を経て、創られる弦楽器で、れっきとした、名楽器だ。

ウクレレなら、マンションでも、住宅街でも、周りを気にすることなく、演奏できるし、手軽に始められる。

コロナが続くことで、ウクレレが、爆売れする、そういう時代になった。

あとは、おうち時間が、増えたことで、体の変化も生じる。

気になるのは、体重の増加。

おうちで、できるエクササイズが、専らの人気だ。

ブルブルマシンが、その1つだ。

ブルブルマシンは、一頃は、知る人ぞ知るエクササイズマシンだった。

と言うのも、ブルブルマシンは、当初、なかなかの値段だった。

安くても、30,000円程度はした。

だから、ちょっと手を出すのは、そうそう簡単ではなかったが、阿部寛さんの、まだ、結婚できない男で、阿部寛さんが、ブルブルマシンに乗りながら、牛乳を飲んでいると、ブルブルマシンが、振動しすぎて、牛乳が、溢れてしまうと言うシーンで、一躍、世に広まった。

テレビで、使用されていたのは、アルインコのブルブルマシンだったが、28,000円程度の価格のものだった。

しかし、その、ドラマで、ブルブルマシンに火が付き、さまざまなメーカーが量産したことで、価格が下がり、世の中に、一気に広まった。

ブルブルマシンは、実際に使っているから分かるが、かなり揺れて・・・本当に痩せる。

実は、筆者も、仕事もテレワークが増えるにつれて、体重が増えていき、ブルブルマシンを購入した。

このように、おうち時間は、生活スタイルを変えていて、これは、これからも、ますます拍車がかかるだろう。

あとは、動物を飼う人も、増えてきていると言う。

これは、確かに、理にかなっている。

会社勤めや学校に行かなくなると言うことは、人と話す機会は、おのずと減る。

対人関係で悩む人も多いし、人と接触すると言うことは、何かとストレスはかかる。

しかし、話をする機会が減ると言うのも、ストレスで、そんな時、動物がいると、癒される、そういう人は、少なくない。

動物の殺処分が、増える中で、ペットを飼う人が増えると言うのは、いい傾向だ。

動物にも命がある。

長く、愛するペットとは、寄り添っていただきたい。

このように、生活スタイルは、日々刻々と、変化している。

欲しいものは、スマホで購入する時代

欲しいものを探す時、みなさんは、まず、どういう行動を取るだろうか。

実際に、リアル店舗に行き、実物を確かめてから、購入する。

これは、今のコロナがどこまで、深刻になるかに影響するのか、これによっても、大きく変わるだろう。

しかし、一番、間違いのない購入方法だ。

一方では、スマホで簡単に購入する時代にもなってきた。

通販が、まだ、セキュリティ的に、脆弱性がある当初は、通販で、商品を購入することも、一部の若者の購入スタイルだったが、今は、違う。

スマホのセキュリティも、万全だし、第1、みなさん、毎日、スマホを使わない日があるだろうか。

今や、スマホさえあれば、何でもできる時代になった。

衣類、食べ物、インテリア雑貨、アクセサリー、何でも買える。

しかも、どこにいてもだ。

購入意思さえあれば、スマホ1台あれば、大抵のことはできる。

どこからでも、スマホの電波さえ届けば、何でも買える。

老若男女問わず、スマホのセキュリティが向上した昨今では、誰でもスマホで、買い物をするのが、主流になっている。

それでも、セキュリティが気になる人は、スマホ専用のセキュリティアプリで、完全に脆弱性をシャットアウトできる。

マジョリティではなくマイノリティが売れる

例えば、ブランド品、ルイ・ヴィトンやシャネル、ロレックスやオメガなど、世界で通用するブランド品、所謂、神ブランドは、これからも、一定数、廃ることなく売れ続けるだろう。

しかし、一方で、スマホがひと時たりとも手放せず、スマホさえあれば、欲しいと思うものが、どこにいても手に入る時代になったからこそ、ブランド品だけが売れる時代ではなくなってきた。

世の中には、人知れず、地道に自分の信じた道を、どんな時も、追いかけ続ける人達がいる。

言ってみれば、「職人」だ。

ロープライスで、コスパがいい商品やブランド品が、売れるのは、理にかなったビジネスだが、スマホとインターネットの普及により、自分が気が付きもしなかった、お宝も、世の中には、いくらでもあるものだ。

筆者もその1人だが、世の中が、こんなに広かったのかと、思い知らされることが、最近、非常に多い。

これは、やはり、スマホとインターネットの普及によるものが、かなり、世の中を変えてついると言わざるを得ない。

これまで、本当は、そこらへんのブランド品より、よっぽどクオリティの高い商品を創っているのに、そこに、辿り着く手段が、限定されていた。

本や雑誌などを見て、たまたま、知ったと言う人が、つけて、出くわすことがあるにしても、よっぽど、深く、探し続けないと、なかなか、そこに辿り着けなかったのが、これでの、世の常だった。

しかし、今は、違う。

スマホで、欲しいものを検索さえすれば、今は、一瞬で、理想に描いていた商品に出逢える。

これは、売る側にとっても、買う側にとっても、ジャストにマッチングするから、双方、メリットがある。

既成概念は、もはや、完全に取っ払った方が、豊かで、充実した人生を満喫できる。

売り手も買い手も、これを利用しない手はない。

誰かが、あなたの、その、魂のこもった商品わ、探している。

マジョリティだけでなく、むしろ、世の中は、マイノリティを探している。

マイノリティだけど、職人技で仕上げられた商品は、どれも、素晴らしい完成度だ。

そんな、マイノリティで、質実剛健なサイトが、こちらだ。

筆者も、ある商品を探していたところ、偶然、出くわしたのだが、どれも、クオリティが、非常に高い。

NEOPHYTと言うサイトは、職人気質の人達が、丹精込めて創られた商品ばかりが、販売されている。

NEOPHYTで販売される商品は、みな、希少で、1つ1つの創りが、丁寧過ぎて、ヤバい。

NEOPHYT

サイトを見れば分かるが、SOLD OUTになっている商品、受注生産の商品も多い。

受注生産とは、既に、SOLD OUTしたと言うことだ。

SOLD OUTしたが、要望が高いから、受注生産を受けている。

他にも、筆者は、藍色が好きな色なんだが、藍染と言えば、渋沢栄一を想い出す人も多いだろう、お膝元の埼玉や徳島が有名だが、本当の藍染で創られた繊維は、実に美しい。

量産されて、デジタルに創られた、藍染商品は、比較にならないほどの得も言われぬ、味わいがある。

そういう、レアな商品も、最近では、見つけるのが、容易になった。

活用できるものは、最大限に活用すべきだ。

商売を始めるのに、場所や年齢はもう関係ない

何かビジネスを始めたいと言う人は、多いだろう。

テレビ局と言う、恵まれた環境でありながら、中年を前にして、早期退社を公表した、桝太一さんや富川悠太さんなど、思い切った決断だろう。

一度しかない人生を、会社勤めで終わらせたくないと言うことなのか、放送業界が、先行き不透明なのか、定かではないが、成人したら、民間の大手企業に勤めるとか、公務員になるとかと言う、ありきたりな人生観が一般的だと言うことでは無いことは、確かだ。

しかし、今の世の中、大企業だからと言って、安泰ではないし、公務員だって、市民からブーイングを叩きつけられる時代だ。

それが、良作だ、とは、言い切れないだろう。

現に、テレビ局のアナウンサーでさえ、早期退職する時代だ。

価値観が多様化しているし、少し高い給料を貰うことが、最高の価値観ではなくなっている。

つい、最近、沖縄の久米島から、毎日、スマホで、自然の音声だけを、ただただ、スマホに乗せて流す・・・と言うサービスに、何十人もの人達が、毎日、視聴して快適と癒しを楽しんでいるサービスがあることを知った。

それを、提供する人は、毎日、自宅のテーブルの上にスマホを置いて、自然の音声を流す。

久米島の、風の音、猫の鳴き声、雨音など、掃除機の音や、郵便局員さのバイクの音など、とにかく、無修正で、あるがままの音声だけが、ただただ、流れるのを楽しむ人達がいる。

一例だが、確実に、価値観は多様化している。

そして、ここでも、やはり、スマホが、重要なツールになっている。

スマホさえあれば、本当に生きていけるのかも、知れない。

スマホで、ゲームをするのも、ストレス解消だし、株価を確認しながら、副収入を得る人もいれば、ただただ、自然の音声を楽しむ人、SNSで繋がりを持ち、孤独感から解放される人もいるだろう。

どんな、日本の最果ての地に居ても、そこに、美味しいラーメン屋さんがあれば、わざわざ足を運ぶのも惜しまない人達もきっと、たくさんいるだろう。

文化も、常識も、通りいっぺんの、平均的な物差しでは、測れない時代なってきたと言うことだ。

とにかく、あなたが、探している物が、何かあるとすれば、スマホさえあれば、それは、きっと見つかる。

そういう時代になったと言うことだ。

諦めなければ、探し物は、必ず、見つかる。

動画スクールに通うだけで、「人生が激変するとしたら」
4.31



ネットビジネスを加速させる動画スキル

最新情報をチェック!
>


雑学・豆知識ランキング